踊る相場線

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

余裕を残して終了。

3495円で買い残し900で今週は終了。
前日比▲25円でしたがこれは来週への調整と思える範囲内と理解しております。
それにしても本日の攻防戦は一見の価値ありといった内容でした。
売りに対して余裕の買いで売りを一撃にすると言った攻防。
この内容であれば売り手の今後の攻めは緩くなり買いが押し進むこと違いなしとなりそうな予感ですが一寸先は計り知れない株の世界ですので過信は禁物です。


そうはいってもホルダーは株価上昇を狙うのです。今月中に4000円台のハードルを乗り越えてもらい4月には5000円の大台を飛び越え更なる高騰を狙い一万円をも乗り越え青天井株へと飛躍してもらうことを願って夢は膨らむのです。


しかし、残念なのは私の持ち株全てが夢と希望に満ちた株かと言えばそうでもない。
只今、失望と絶望株で今後に期待できるのか?と疑問を持ちながら日々の株価下落に思案する株もある。思案している間にも更に株価は下落し俗にいう売り時を失い塩漬け株に変化する。もうこうなれば暫くは御蔵入りとするしかない。


そのような株がある日突然変異で高騰するから面白い。
その快感にとりつかれた私は株の虜になったのです。
さて、これから花粉に苦しむ季節となり鼻水と涙目に苦しみながらモニターを見つめティシュ片手に株奮戦となります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。