踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

説明責任は?

自民党和歌山市支部連絡協議会が2015年、キャバクラやラウンジに計約13万8千円を政治活動費として支出していたことが23日、15年分の政治資金収支報告書で分かった。キャバクラへの政治資金支出は、過去には林芳正前文部科学相や鶴保庸介元沖縄北方担当相の関連団体でも発覚しており、政治家側のモラルが度々問われてきた。
支部連絡協議会の会計責任者を務める井上直樹和歌山市議は取材に「キャバクラなどは協議会の関係者が懇親会で利用した。道義的な責任から、支払った関係者から協議会の18年分会計に返金させたい」と話した。「関係者」が政治家かどうかは説明を避けた。


このような事態に対して説明責任が発生しないのか?が疑問です。
政治活動費として支払ったならば公金としての扱いでは?と思うのです。


日産問題では「会社の私物化!」が問題視されておりますが、公金の私物化は
すなわち「国家の私物化」とも言えるのでは?


昨今、問題視されている事案の問題点は「権力の集中」である。
一党独裁で運営されている今日の日本政局では御意見版は干されてしまうので、正論とか正義ではなくビジネスとしたならば金になるネタの提供である。
報道関係者が干されてはネタの仕入れができないので、ビジネスが成立できな事態を招きたくないとすればご機嫌記事も納得できる。


一番悪いのは視聴者である。
報道機関も視聴者なくしては成立しない事実の中で、真実を強く視聴者が求めればよいのです。
報道が多様化する中で生き残るのは視聴者の信頼をどれだけ数多く得るか?という観点に基づき報道なされるのが本来であり・・・
ただ、ただゲラゲラと笑いを呼び込むオバカ番組などは廃止すべきである。


けっしてお笑い番組が悪いと言っているのではありません。
品のないことで笑いを得る事に問題があるということです。
下着姿で番組トークに出るのは問題があると思えますし、やたら人の頭を叩く行為も問題ありです。


つまらないことや品のない事でお笑いを獲るという事は、その番組構成自体に面白みがないという事ではないか?と思うのです。


公の場で放送するには「責任問題」が付きまとう事を忘れているのが、今の日本なのかも知れません?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。