踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

携帯料金4割安?

NTTドコモは31日、携帯電話の通信料金を2019年4~6月に2~4割引き下げると発表した。携帯端末を値引きしない代わりに、通信料を安くする「分離プラン」を広げる。料金が複雑になり、わかりにくいとの声が消費者から出ているためプランを見直す。

携帯端末・・・いわゆる携帯電話機を頻繁に若しくは新型機種狙いでなければ実にありがたいです。


私のように使えるうちは使う、不便さを感じない限りは使い続けるユーザーにとっては朗報です。
しかし、考えれば使用料金が複雑で理解しにくいという声にこたえて・・・?
だいたいそのような「判りずらい料金設定」を許可することに問題があったわけで
多様化する携帯利用料金に対応するためにと言うこは理解できるが、これと同様に今後増税決定されることが予想される消費税も同様です。


支払う側が理解できない?もしくは理解しずらい設定には問題がある。
増税に対しての還付金?これも理解できない。
還付するくらいならば減税すべきであり、年末調整課か確定申告で減税処置を行えば済む事である。
ポイント還元とかプレミアム商品券とか?おかしいですよ。


今の日本はおかしいですよ?
口利き料金100万円・・・・もらったのならば正直に言うべきであり、税務署も動く気配なし・・・所得になるのか贈与になるのか?いずれにせよ100万円に関して税金が発生するはずではあるが税務署自体が動く気配なし。
まぁ~時効の関連もあるのか?お偉いさんだから動けないのか?


一般の個人所得ならば確実に督促が来るはずである
過去に私も経験したのですが
税務署:「税金の未払いが発生しておりますが・・・」
私  :「NHKでも集金に来るから、欲しければ集金に来い!」
税務署:「判りました、後日 重加算税を明記した内容証明を持参いたします。」
私  :「すみません、近日中にお支払い致します。」


このこと以来、私は妻と税務署には絶対に逆らわないことを心に誓ったのです。
世の中には、逆らっていい事と絶対に服従しなければならないことがあるのです。


いずれにせよ携帯料金が安くなることは嬉しいが、携帯料金が安くなっても妻から私への還付金は期待できないことこおかしい?
いや、このことも考えないことにしよう・・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。