踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

キャッシュレス社会?

2018年に経済産業省が策定した「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年までに「キャッシュレス決済比率」を40%程度とし、将来的には世界最高水準の80%を目指すとしている。


上記の政策は余り世の中では話題にもされておりませんが投資家の間では次に投資する情報としては有力な情報です。


来年10月の消費税率10%への引き上げにあわせて「酒類及び外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が結ばれた週2回以上発行される新聞」に限り、税率を8%に据え置く「軽減税率」を導入する。その際にキャッシュレス決済で買い物をした人に対してポイントで還元する制度の導入も検討されている。



恐らくは消費増税に絡んだキャッシュレス決済でのポイント還元もそれを意識したものかと思われる。しかし、これによりキャッシュレス化の利用を大きく拡大させることができるとは思われない。そもそも対象となる中小の小売店でキャッシュレス化の普及を促すには、機器の導入費用などとともに、カード会社などに支払う手数料などの負担が大きい。
手数料については3%の上限を設けようとの動きもあるようだが、3%でも負担は大きい。スマホ決済などによるキャッシュレス化において、海外ではそこから得られるデータの利用価値を意識して手数料は抑えられている。キャッシュレス化への普及には利用者にとって現金同様の使い勝手の良さとともに、商店側の負担軽減が大きな課題となる。
そして、更には厚生省が企業などがデジタルマネーで給与を従業員に支払えるよう税制を見直す方針を固めたとも伝えられた。



いずれにせよ日本の政策としてはキュッシュレス社会の構築をかなり急いでいる感じがある。
東京オリンピックに向け先進国日本の金融テクニカルを世界に宣伝したいようだが内容が伴わない金融テクニカル自体に問題がるのでは?
現在の東証のように日本の投資場である東京証券取引所が外人投資家に牛耳られている中で金融テクニカルとは笑止である。
まずは、海外に左右されない強い日本の市場の構築が優先されるべきではないか?
と問いかけたい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。