踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

着々と準備です。

本日、所轄の労働基準監督署に電話で確認。


電話で確認したところ匿名での告発でも受け付けは致しますが対応には時間を要します。
理由としては、実名での告発対応が優先となるからだそうです。
実名告発であれば、2週間程度で監査に入ります。


実名告発となればお手数でも、一度労働基準監督署に出向いてもらい必要書類に署名いただく必要があり、その際に告発する労基法違反を証明できるものがあれば持参していただきたい、仮に何も物的なものがなくても口頭で聞き取りを担当者が行いますので構わないとの事です。


監査後の労基法違反が実在したのか?是正勧告は行われたのか?という事に関しては
実名告発された際には情報開示請求権がありますので、情報開示を請求いただければ監査内容の写しをお渡しできますとの事です。


Q:ネットで話題となった宅配業者のように賃金未払い等が発生した際には支払命令を労働基準監督署が勧告するのでしょうか?


A:労働監督署は労働内容に問題がある事案に関して企業に是正を勧告致しますが、支払命令は行いません。


情報開示の内容を請求した個人が、情報開示により得た不当な扱いや賃金未払い実体に基ずき企業に対して請求を行います。


ネットで話題となった宅配業者に関しては所轄外なのでお答えはできませんが
多分、社会的責任の中で企業が独自に行ったのではないのでしょうか?


なるほど・・・納得。


次に弁護士に相談です。


労働基準監督署から是正勧告及び改善命令等が発しられたという時点で違法性は十分あると判断できます。
そのことから考えれば裁判で負けることは考えずらいですとの回答。


会社の報復は恐れません
なぜならば、会社で巣を喰う奴らを炙り出す
会社独自のカースト制度ではなく「企業はそこで働く人、全員の生活を支える場」であるべきです、司法でハッキリさせ負けた方が去ればいいのです。
社員も人であり、企業の財産であることを司法の場で証明したい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。