踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

真実は?

日本国内に本社をもつ企業全体の昨年度1年間の経常利益は83兆5000億円となり、調査を始めて以来、過去最高となりました。
財務省が発表した2017年度の法人企業統計によりますと、日本国内に本社をもつ企業全体の売上高は前の年度に比べ6.1%増えて1544兆1000億円に、経常利益も11.4%増加して83兆5000億円となり、増収増益となりました。
コンビニ・スーパーといった小売も堅調だったことが要因で、経常利益は調査を始めた1960年度以降で過去最高となっています。
また、景気の先行きを示す設備投資も過去最高となっていて、財務省は「緩やかに回復している日本の景気を反映した数字だ」と分析しています。


ではなぜ日経平均は23,000円を超えることができないのか?
お役所の公表する数字というものが如何に庶民の生活とかけ離れた数値であるかを証明している。


庶民である国民の生活向上がなければ、私のような小市民の生活の先は真っ暗闇となる。
今日の生活に「ゆとり」というものを感じ取っている人はどれくらいいるのか?
日本の中で貧富の格差がどれくらい広がっているのか疑問です。


全ては来年施行される「消費税10%」に向けた仮想情報か?
真実はどこにあるのか?


株式投資をの中から垣間見る本当の日本経済は・・・
私の目には「地獄絵図」のような展開しか見えてきません。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。