踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

話題

時事通信の8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.7%に上る一方で、「映画を見るためにレンタル店を全く利用していない」とする回答が60%を占めた。
調査は3~6日、西日本豪雨で被害を受けた広島県の一部を除く全国の18歳以上の男女1991人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は61.8%。


PCで市場の情報を収集をしていると上記のような記事が目に止まる。
思ってみれば確かに私の街でも、かなりの数のレンタルビデオショップが廃業している。


一時はパチンコ店かレンタルビデオかと言われた程に街の中に乱立した看板。
これも時代の流れかネット配信で一気に看板が消え去る・・・
レンタルビデオを業界の一端を支えてきたと言っても過言ではない「アダルトビデオ」も今では海外からの配信でノーカットなどは当たり前である。


成人雑誌もコンビニには配置しない?する?で注目をされたが
何かと肩身が狭い環境下であり、タバコと同様に健康被害とか教育問題とされているようです・・・
しかし、面白いことに世の中の嫌われ者?のタバコがコンビニの救世主であり
お国の肝いりの「タスポカード」の導入以来コンビニでタバコを買い求める人が急増とか?
同様の目線で見てみれば「成人雑誌とアダルトビデオ」の自動販売機の設置が多くなってきたような気がする?


要するに需要がある限り供給はなくならないという事です。
供給というスタイルは変わっても、形を変えて供給は行われ利益を得るものは存在する。
そして、皮肉な事に供給すること事態に規制が加われば「プレミア的」価値も付加されてしまうと事実。


株も同様で、話題のスルガ銀行ですが今後の株価の変動には注目です。
スキャンダルで株価を落としたのちに急騰した企業は数知れずです。
投資家は利益確保が目的で、評判などは気にしない・・・
そして、評判などは資本でなんとでも操作できるのが世の中ではないかと思って居られる方も少なくないようです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。