踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

残すところ2日

6月末の終値2万2304.51円を超えられるか?
日経平均株価の7月末終値に兜町が注目している。27日の終値は、前日比125.88円高の2万2712.75円。
残り2営業日で「6月末超」をキープできれば、年末に向けて株高が期待できそうなまことしやかなジンクスがある。


「今年の日経平均の最高値は、唯一2万4000円超で引けた1月23日の2万4124.15円です。
東証69年の歴史の中で、6月まで(年前半)に1月の高値を超えられなかった年は10回。7月以降(年後半)に巻き返せるかは、7月末の終値によって決まるというジンクスがあります」


1月高値未更新の10回のうち、7月末終値が6月末終値を上回ったのは、1965年、73年、95年、2014年、16年の5回。そのうち、4回は7~12月に高値を更新し、年間相場も上昇に転じている。一方、7月末終値が6月末比マイナスで、年間相場が上昇したのは1回しかない。つまり、過去のデータをみると、年前半が低迷でも「7月よければ終わりヨシ」と、かなりの確率で言えるのである。


では、アノマリーでは?と言えば
 「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走る、卯は跳ねる」
今年は戌年ですので、「笑う」年。過去の実績を見てみると、1950年以降の戌年は5度ありました。
1958年:騰落率 40.3%
1970年:騰落率▲17.3%
1982年:騰落率 03.9%
1994年:騰落率 13.5%
2005年:騰落率 05.3%



23,700円を超えて24,000円を超えことができるのか?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。