踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

アービトラージ

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。


これから勉強してみたいアービトラージ
まずは、言葉の意味と内容を理解しなくてはいけません。


これから金融システム自体の改革が迫りくることが予想される中で金融業界の再編や改革
AIの活用やブロックチェーン、更には店舗の無人化にキャッシュレス社会。
今後は2020年東京オリンピックに向けて金融改革の加速が予想されるのでは?


昨今の米中経済摩擦から経済戦争勃発か?とまでエスカレートしていますが、強く大きなものが小さく弱いものを吸収し進化するすることは過去の歴史が物語っている。


破壊と創生が人類の歴史である以上貿易とて例外ではないと思う。
ただし無差別攻撃だけは行うべきではないと断言したい。


目的を持った破壊であり、今後に繋がる破壊であって頂きたい。
抗争により得をする人は少なく、被害を被る人が圧倒的多数の抗争であるならば犠牲者と被害は最小限度で食い止めるべきである。
そうでなければ、創生も不可能となり被害は拡大するばかりで悲惨な結果を招くことにもなりかねない。


現代人として知識と常識を持った行動の中での改革を期待したいものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。