踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

早くも、裏切りですか?

2018年6月25日 - 原発公約を5日で反故に 新潟県知事の「裏切り」
舌の根の乾かぬうち、とはまさにこのことだ。
6月10日に当選したばかりの花角(はなずみ) 英世新潟県知事が、その5日後早くも公約を「裏切る」発言をし、批判を浴びている。


という記事が週刊現代にスッパ抜かれる。
読んでみればムムムと言う記事である。
所詮は選挙に当選する為の公約か?口約か?
いずれにせよ「裏切られる」のは国民であり県民であり市民である。

では、高笑いをするのは?
皮肉なことに新潟知事の当選発表後に東電の株価は上昇した。

今一度、原発というものを考えるべきでは?
夢のもんじゅではあったが

1985年の着工以来、1兆円を超す税金が投じられながら、2016年12月に廃炉が正式に決定した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。「核燃料サイクル」の要でもあった高速増殖炉計画の破綻にも関わらず、政府はいまだ原子力政策に固執し、新たな“高速炉”の開発計画にも乗り出すとしている。東京電力福島第一原発の事故から丸7年を迎える今こそ考える必要がある。

過去には原発村などという言葉が使われ、原発村の住人は原発利用・開発に関わる利権や特権を最大限に利用し経費・費用の名目で垂れ流し状態で投入された税金を使い切る。
それでも飽き足らずに、今度は選挙に利用する始末。
流石の悪態に与党からも非難の声が出るようでは安倍政権は末期状態と言わざる得ない。
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。