踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

本日は泰安

下げている株ボードを見ているのはヒヤヒヤもので常に逃げ時を思案しながらボーを睨むように見ている。しかし、本日のように午前から一気の上昇ペースとなればボードをみる顔も緩みがちになる。
本日売買した株は6081アライドアーキテック
ネット上ではスナップチャットとの業務提携により株価も青天井状態となる?とかという事で先週16日に大きく値を下げたことに何の疑問を抱かずにチャンスと思い購入。 翌日は更に大きく値を下げる事態に突入し ウォ~なんじゃこりゃ!状態に突入となる。 そして、本日一気の上昇気流にのり株価はグングン上昇し午後の最終直前で少しばかり値を落とすも持ち越し部分にゆとりが感じられるので明日はどうなることやら?


確かに6081アライドアーキテツクは期待度は高いと思うのですが、企業業績=株価にはなりにくいと言いう事です。加算部分もあれば割引も発生するという事です。
数多くの思惑で株価の値動きがあるのですが自分の思惑道理に株価が動かないと昨今では株の掲示板に誹謗中傷する書き込みをする。
これにはやはり問題があるのでは?とも思うと同時に情けなくもなる。
お金が絡めばムキになるのもわからなくはないが勝負の世界で負けたから相手を恨むという事にもなりかねない。そうした状態の中で敗者が勝者を恨むのはお門違いとなる。


さて、話を戻して6081に関しては個人的には3500円程度で買い戻しを考えております。
確かに有望株ではありますが過信は禁物という事とで時代の流れは速いということです。
これから上場も結構ですが、既に上場という企業も数多く存在しているという事です。数多くの思惑と仕手が入り乱れての争奪戦だからこそ面白いのではないのでしょうか?


勝者だけが味わえる満足感と充実感。
これだから、株はやめられないのです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。