踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

規制法案は誰の為?

2017年12月末の全国パチンコホール経営企業数は、前年12月末比で177社減少し3244社、店舗数は420店舗減少し1万258店舗となった。
娯楽の多様化と、ここ数年のパチンコ産業に対する規制の強化などが影響し、同産業の事業環境の厳しさが分かった。今後もその傾向は継続すると見られる。
駅前の好立地でにぎわっていたホールも、いつの間にか閉店しており、業界環境の厳しさがうかがえる。こうしたなか、パチンコホール経営業者の倒産件数も増加に転じた。
東京商工リサーチによると、2017年の「パチンコホール」倒産は29件(前年比141.6%増)で、前年の2.4倍増と急増した。倒産が前年を上回ったのは3年ぶり。
16年12月は非適合機種の撤去期限とされたほか、17年9月は5・9号機への切り替えが義務付けられた。余力があれば問題にならないのだが、現在のパチンコ業界にそこまでの余力はない。
18年2月には出玉規制が導入された。平均の遊戯時間を4時間と想定して、1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするものだ。射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている。


ギャンブル依存症が問題化され一番のターゲットとなったのが庶民の娯楽パチンコである、規制だのなんだのと厳しく取り締まり現在では多くの店で閑古鳥が鳴く状態である。
私の街でも数多くのパチンコ店が潰れ、私が通ったパチンコ屋は全て廃業である。


私が疑問に思うのは、各種業界に規制を定め、「風営法」だの「カジノ法案」だのと世の中を清め正しくしする法案を制定される立派な御役人様が「森友問題」では隠ぺいだの証言拒否だのと世の中では異常と思えることを弁護士の力添えで平気な顔で口にする。


証言拒否を続ける人物の後ろにいる黒幕は「早期解決に向け・・・」オイオイ何言ってんの?と言葉を失いつつも黒幕の奥様にも問題発言と問題行動。
これにはさすがに黒幕にも同情するが黒幕の母親も、もの凄いとなれば今後は不安だけである。


結局のところ各種規制法案は誰の為にあるのでしょうか?
何のためにあるのでしょうか?機能しているのでしょうか?と疑問は尽きない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。