踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

私の近くでは・・・

今月3月14日既に発売の塩野義製薬のインフルエンザ薬「ゾフルーザ」
株価の低迷は新薬の知名度が低いからか?と疑問に思い近所の薬局を見て回るが販売促進ポスター及び幟もない。
店内に入り風邪薬コーナーを見て回るがゾフルーザは販売していない。
店員に確認しようかと思ったが面倒なので帰宅。


私の住んでいる地域が地方なので未だに販売されていないだけなのか?
しかし、私の自宅界隈にはマツモトキヨシ・ドラックトップス・アメリカンドラックの三軒がしのぎを削る販売競争を展開しているのです。
今のところ残念ですが、この三店舗いずれもゾフルーザの販売はされておりません。


となれば知名度も低く、それにつれて株価低迷もなっ得できる。
製造と販売が追い付かないのか?どうかは知りませんが一般的に知名度と販売店舗が広がるにはもう少し時間が必要なのかも知れません。


皆さんのお近くのドラックストアーで見かけたならば、「売っていました・見ました」一言で結構ですのでコメントに書き込んでもらえたならばありがたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。