踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

女性。全くの謎だ

トランプ米大統領(71)が2006年にポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)さんと不倫関係にあったとされる問題が波紋を広げている。一層の支持低下が懸念されるが、セクハラや女性蔑視で知られる“常習犯”だけに「傷にならない」(米テレビ)との見方も強い。
 発端はトランプ氏の弁護士が大統領選出馬後、口止め料13万ドル(約1400万円)を払ったとの今年1月の米紙報道。ダニエルズさんは口止めを約束した文書にトランプ氏の署名がないとして無効を求める訴訟を起こしたほか、口止め料返還を申し出たが、トランプ氏側は返答していない。


まぁ~呆れるほどに元気な爺さんだな~と感心する。
これでは北の刈り上げ坊主と同じレベルではないか?と考える。
同じレベルであるから争うのか?と肯ける気もする。


また、別の考え方をすれば「私は70歳を超えて、ここまで元気でいられるか?」も気になる。
健康で元気も結構だが、常に世界を騒がすことには閉口する。
全世界のアメリカが経済問題や国際問題を超えて女性問題が一番の問題となる要ではやはり疑問である。
確かに「英雄、色を好む」という言葉も存在はするが、ただ単なる好色とは意味が違う事は理解できると思うのだが?
更には好色と変態・変質も違うのですが
個人的には変態と変質の違いが未だに理解できないのです。
理科学的説明ならば簡単で状態と成分であるが、男と女のSEXで状態と成分と考えれば
状態は正上位であり、成分は精子という事になるのか?


科学的にも物理的にも理解できないのが女であり、あの世界的学者のホーキング博士も「女性。全くの謎だ」と述べている。
個人的には、博士のずば抜けた頭脳で「女性」を解析・分析した頂きたかったのですが、
なにせ宇宙のブラック・ホールを解明しようとしたお方ですので女性のホールの解明などは簡単かと思っていたが女性のホールはブラック・ホールよりも難解であったのかも知れません。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。