踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

安倍政権支持、急低下!

時事通信が9~12日に実施した3月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比9.4ポイント減の39.3%と急落した。不支持率は8.5ポイント増の40.4%だった。支持が3割台だったのも、不支持が支持を上回ったのも、昨年10月以来5カ月ぶり。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題が政権への打撃となったとみられる。
 文書改ざんに反発する野党は、麻生太郎副総理兼財務相の辞任を迫るなど攻勢を強めており、政権は当面守勢を強いられることになる。安倍晋三首相が目指す憲法改正の国会論議や、今秋の自民党総裁選での首相の3選戦略に影響が及ぶのは必至だ。
 内閣支持率を年代別に見ると、10~40代で支持が不支持より高い一方、50代以上では不支持が軒並み上回り、高齢層での「安倍離れ」が目立った。男女別では、男性が支持42.1%、不支持40.7%、女性は支持36.3%、不支持40.2%だった。
◇「信頼できない」急増
内閣を支持する理由(複数回答)は多い順に「他に適当な人がいない」19.4%、「首相を信頼する」8.8%、「リーダーシップがある」8.3%。一方、支持しない理由は、「首相を信頼できない」が8.8ポイント増の25.2%と最多で、「期待が持てない」17.3%、「政策が駄目」14.1%などが続いた。


だいぶ安倍政権の支持率が低下しております。
政権支持率低下に悩む人笑う人の人間模様も様々であり、次の政権を狙う人にとっては格好のチャンス到来であり現職にとっとては必死に守り通したい。
しかし、このような官僚・閣僚・政治家の思考に国民が取り入れられているのか?が疑問であり恐らく国民に関しては無関心思考で、目指すは個人の既得権の維持と利権の確保
更には派閥勢力及び権力拡大により党派の財源確保ではないか?


しかし、これでは誰が首相になっても同じであり日本の進展など無理である。
ならばいっそのこと現職の安倍総理に改心頂き、これまでの反省とこれからの新政権発足で今までにない日本を創作したほうが効率的ではないか?と考える。
少なくとも
「やかましいなあ」
 麻生太郎副総理兼財務相がいら立ちをあらわにしている。16日の参院予算委員会で答弁中、浴びたやじに対し、ドスのきいた声で言い返す場面もあった。

やじもやじだが対応した言葉も言葉であり、これでは国会を運営するために税金を払っている国民がバカらしくなる。
税金の有効活用が求められている今、一度厳正に精査し改善が求めれれているのでは?


そして、国民も安倍政権により日本の経済がどれだけ成長し安定しようとしていたのか?はネットで調べてもらえればご理解は頂けると思う。
一つの失敗によりその人の人格全てを否定するよりも反省と改善により成長と発展を目指すことが国益に繋がると思うのは私だけか?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。