踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

何をしているのでしょうか?

沖縄北方担当大臣に2月27日、就任した自民党の福井照・元文部科学副大臣(64)が早くもその資質を問われている。前任の江崎鉄磨大臣は、失言ばかりが報じられる情けない大臣だった。「沖縄県民に寄り添う」という安倍晋三総理だから、さすがに今度はまともな大臣を選ぶだろうと思ったのだが、新大臣は前任以上に問題だらけの人物だ。
 まずは、就任当日の記者会見で、北方領土の「色丹(しこたん)島」を「シャコタン島」と間違えて記者たちの失笑を買った。
 次に、2009年の週刊誌に「温泉豪遊ハレンチ写真」を報じられたことが取り上げられ、「人には見せられないような恥ずかしい写真だ。女性が見たらどう思うか」と国会で批判された。
 福井氏の後援団体の元幹部が、詐欺まがいの投資事業で出資金をだまし取ったとして訴訟を起こされ敗訴した事件で、福井氏が投資への勧誘にかかわった事実が裁判で認定されていることも指摘された。しかも、その不正なカネを福井氏の海外出張費に充てていた可能性があるというのだから開いた口が塞がらない。
 福井氏は消費者担当相も兼ねている。消費者保護行政のトップが、過去に消費者を騙すような行為に加担して訴訟まで起こされていたというのだから、国民は、そんな大臣は信用できないと思うだろう。


次から次へと問題が噴き出す安倍政権・・・
誰がこのような人物を日本のトップに当選させたのでしょうか?
それは、国民であり公平・公正な選挙で選ばれたお方です。


任命責任は逃れられない!とするならば選挙で当選させた国民に責任はないのか?
トランプ大統領同様で反対派と支援派であり、選挙では支援派が多ければ当然のことながら当選となる。
民主主義では正論とか正義ではなく多数というだけで当選できることに問題がある。


今日の安倍政権も選挙で当選し国会で任命されたとするならば、尊厳のある立派な人物となるはずが・・・・である。


日本の議員さんは、今一度「東北の震災」について振り返るべきである。
税金や義援金はどのように使うべきか?を考えるべきであり、多くの国民が善意のある活動を行っている中での不祥事に対しては厳しい罰則と処罰で対応すべきです。
除染作業の横領などは、もってのほかであり今後については監督省庁のHPで公開すべきである。


そして、問題が起きないようにするには国民が選挙会場へ足を運び投票することから世の中が変わると考えるのは私だけか?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。