踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

ご利用は、計画的に!

最高裁がまとめた2017年の個人の自己破産申立件数(速報値)は、前年比6・4%増の6万8791件で、2年連続で増えた。伸び率は16年(1・2%増)から大幅に拡大した。自己破産は16年から前年比増加に転じ、ペースが上がっている。ここ数年で貸し出しが急増した銀行カードローンの影響もあるとみられる。
自己破産件数は03年の約24万件をピークに減り続けていたが、増加傾向がより鮮明になった。
以前の自己破産減少は、消費者金融への規制強化の影響が大きかった。多重債務が社会問題となり、06年に改正貸金業法が成立。10年に完全施行された。利息制限法の上限(20%)を超える「グレーゾーン金利」が撤廃され、年収の3分の1超の貸し出しが禁止された。
その一方で、消費者金融と同じ業態なのに、規制対象外の銀行カードローンの貸出残高が急増した。13年春からの4年間で1・6倍に膨らみ、消費者金融の残高も抜いた。日銀の統計では、17年末の銀行カードローンの貸出残高は前年比5・7%増の5兆7460億円。年収を上回るお金を貸すケースもあり自己破産が増える原因となっていると指摘されている。


銀行も生き残りが掛かれば手段を択ばずという事でしょうか?
ひと昔前ならば「サラ金地獄」とか言う言葉もありTV等で悪徳貸付として話題となった「貸付部分の根保証」業者。
365日24時間取り立てで自殺者までが発生し社会問題となり、それ以降は悪徳貸付業者の摘発及び貸付規制の強化・改善で違法貸付業者撲滅化と思われたのですが、ここへきて遂に銀行貸し付けが社会問題化とは情けない。


確かに借りる側にも問題はあるが、貸付側にも問題があることは確かです。
私も若い頃には俗にサラ金を利用しておりました。
当時の私は今ほに金銭感覚もなく(今も余りないか?)金利のことなど気にもしたこともなければ気にする必要もないバブル期で町を歩けばポケットティシュを配るサラ金オンパレードお陰でポケットティシュには困らなかった思い出が・・・


まとまったお金が急遽必要となりサラ金で用立ててもらった時に感じたのは借り入れ申し込みが30万円で貸付窓口のカウンターに出されたお金は50万円・・・
申し込み金額額ではなく貸付限度額まで貸し付けるとい手法です。
より多く貸し付ければ、より多くの金利を回収できるという荒っぽい貸付です。
思い出せばサラ金の受付嬢は綺麗だったが、奥の事務所から出てくる貸付係の男はいかつかったことが思い出です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。