踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

日本株暴落

米国の長期金利上昇をきっかけとした世界的な株安の動きが止まらない。5日の米ダウ工業株30種平均は過去最大の下落幅を記録。これを受け、6日午前の東京株式市場は幅広い業種が値を下げて始まり、日経平均株価の下げ幅は一時1200円を超え午後に入り、下げ幅は1600円を超えた。

日の東京株式市場は、前日の米国株急落を受けて全面安となった。日経平均株価は一時1600円超も急落。終値は前日比1071円84銭(4.73%)安の2万1610円24銭と、約1年7カ月ぶりの下げ幅となった。米国発の株安連鎖は止まらず、世界的な株高基調は転換点を迎えた。
 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も80.33ポイント(4.40%)安の1743.41。日経平均とTOPIXの下げ幅はともに、英国が国民投票で欧州連合離脱を決めたことを受けて急落した2016年6月24日以来の大きさだった。5日の米市場は長期金利上昇が嫌われて大きく売られた前週末の流れを引き継ぎ、ダウ工業株30種平均が過去最大の下げ幅を記録。これを受け東京市場も東証1部銘柄の98%が下落するなど、売り一色だった。取引終盤には値ごろ感から買いが入り、下げ幅をやや縮めた。


さて、どうする日本のイナゴ投資家諸君は?と思うのです。
日本市場と言いながらも外国投資家に頼り、自国の市場を粗末にしてきた付けと考えれば納得もできる。PCで簡単に投資ができるようになれば、訳も分からん輩が株式の掲示板に蔓延り持論のみが正論であり、他者を寄せ付けない書き込みで誹謗中傷などは当たり前の低俗化した実態に成す術なしである。
株価が上がり利益がでればお祭り騒ぎで万歳三唱の企業様様で、下落相場となれば企業批判にメチャクチャな書き込みである。
このような馬鹿げた実態で市場の正常化?は無理と思うが佐川国税庁長官からなにやらおかしいようでは仕方のない事か?と諦めもつく。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。