踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

性について考えてみよう

今年で死後34年を迎えるフランスの哲学者ミシェル・フーコー(Michel Foucault)が著した「性の歴史(The History of Sexuality)」シリーズのうち、未発表だった第4巻「 肉体の告白(Confessions of the Flesh)」が今月9日、ついに出版される。


性についてもっと勉強すべしということではないか?
性を否定し潔白を表現し、自ら清い部分だけを表現するよりも本能である生殖という部分をも追求し併せて快楽も追い求める、それにより人は幸せになれるとしたならば?


蛮人が簡単に否定出来るほど性というものは簡単ではないという事でしょう。
性こそが真実であり、本来の表現であり生きる事ではないか? と考える。


性の描写は決して卑猥ではなく美しいものであるべきで、鑑賞する側に問題があり評価する側にも問題がるから現代の性描写が歪んでくる。
それにより、子供たちへの性教育が遅れ、正しい性教育を受けずに育った大人が性犯罪を犯す。
それも卑劣な「幼児売春」であり「児童ポルノ」である。


話は違うのですが先日、 夫婦のたしなみをたまには別の部屋で楽しむかと思い一階の応接間で楽しみ使用済みのコンドームの殻をごみ箱に捨てたままにしていたら見事に遊びに来ていた娘の孫が応接間のごみ箱に躓きコンドームの殻が娘の目に止まるという失態というか? なんというか?
娘から妻への一言「元気で、仲がいいんだね! 」だそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。