踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

変わりゆく日本。

大晦日、元旦と終わりやっと静かな正月休みがやってきました。
嫁いだ娘に、結婚した長男と入れ替わり立ち代わり我が家に出入りがあり二人の孫も人の出入りがあるたびに喜んではしゃぎまわる。
実に賑やかなお正月でしたが、反面出費もバカにできない。
正月料理を彩るカニも大勢で食べるのでその数も半端ないのです。
毎年、30日に魚河岸へ買い付けへ出向いたのですが今年はネットで注文という事で2件の販売店で買ってみた。
国内有数のネット販売網を誇るRショップで買ってみたがOUTでした。
もう一軒は北海道直送のカニ販売店のカニは実に美味しかったです。


ネットショップもこれからは生き残りをかけた販売をしていかなければ生き残ることは難しく、販売網の大きさを自慢しているようでは今後に暗雲が差込むことになるのでは?
利益優先よりも消費者目線が優先されてこそのビジネスではないのかな?
しかし、世の中で変わったものは何もカニの販売方法だけではない
大晦日の伝統的な行事の一つ「除夜の鐘」。 ゴーンと鳴り響く鐘の音を聞くと、「今年も終わったなあ」と感じる人も少なくないだろう。 ところが近年、近隣住民の苦情から、「除夜の鐘」を中止せざるをえなくなった寺もある。
というから驚きです。
近頃の日本人には「風情」とか「情緒」というものが薄れて来たのか?


もしかしたら日本古来の風情・情緒は訪日した外国人観光客の方々の方が感じられているのでは?と思うと、これもまた時代の流れか?とため息が出る。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。