踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

日本経済、沈没。

経営再建中の東芝は5日、第三者割当増資による計約6000億円の払い込みが完了したと発表した。調達した資金は、借金が資産を上回る債務超過の解消にあてるため、上場廃止を回避できる見通しとなった。


個人的には一度上場廃止が好ましいく、廃止に伴い責任の所在を明確にした方が今後の日本経済に役立つのでは?と思う。
昨今の日本企業に責任者は存在するのか?と疑問に思う。


なに事もなければ「自称最高責任者」「自称最高顧問」「自称代表取締役」は存在し、社内で幅を利かせ利権と特権を使いパワハラ・セクハラが蔓延する衰退企業であるが問題が発覚すると不在になる。


社内では大きな態度と大きな声で社員の威嚇に精を出すが、事実が解明されてTVに出ると態度は一変し小さな声でお詫びする。


本当の責任者とは?身を挺して社員と企業を守る公僕的存在でなければならない。


東芝の問題は「海外の原発」だけかと思えば・・・
上場廃止を逃れた東芝の責任者がいつ「液化天然ガス事業の失敗と損失を関して明らかにするか?」


やばい事は先送りで、まずは目先の問題を解決に努める・・は結構だが
今回の東芝劇場はTV番組よりもはるかに面白く楽しめたことは事実。
日本のトップ企業と謳われ日本のエリートが憧た高所得で生涯優雅な生活と夢を見て
無能な経営者の下僕として働いたエリート・サラリーマンが、ならくの底へ沈んでゆく。そしてこれからも嘘と偽りの中で生きていかなければならない事実。
その先には「破綻と破滅」しかないという真実。


そして、この真実は東芝劇場だけではなく日本の全国民が同様になる可能性を秘めているのでは?無能な官僚・閣僚が税金を無駄に使い、使用用途と責任は問われることもなく無制限使われ国家財政委を圧迫。
現に「福島原発問題」はどうなった?進展はあったか?責任の所在はハッキリしたのか?
それでも税金は無制限に今も、これかも使われる事実。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。