踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

レカムも参加しています。

エヌビデアとは?聞きなれない人にとっては何それ状態でしょう。
そんな貴方の為にエヌビデアとは
ここ最近のAI関連銘柄の人気化の背景には米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)の存在が大きい。同社はコンピューターの演算処理の高速化に貢献するGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し、AI関連のキーカンパニーとして注目されている。  AIを新たなステージに一気に飛躍させたのが、人間の脳を模したニューラルネットワークを駆使するディープラーニング(深層学習)であり、これが人間によるインプットを必要とせずにAI自らが学習し進化を遂げ、飛躍的な生産性向上を実現させる技術革新となった。その際、画像処理に特化した半導体部品で多くの計算式を同時に並列処理できるGPUがディープラーニングの進化を加速させる役割を担った。世界でエヌビディアが注目されるゆえんである。
という事です。
実に簡単な説明ですがご理解いただけたでしょうか?
レカム 3323 もしっかりとこの関連株の中に出遅れ株として仲間入りをしている事実からしてみれば今後の期待は不変であり、今の値動きが異常で株価が安過ぎるのです。


トヨタ・ソフトバンクと日本のトップ企業が参加しているエヌビデア。
特にソフトバンクにお出資第4位という数値に注目していただければレカムがどのような事業に関連しているのか理解できるのではないのでしょうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。