踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

参りました。

レンタルサイクル、レンタルDVD、レンタル妹、レンタルおじさんにレンタル執事……何でもレンタルやシェアできちゃう今日このごろ、中国で「共有彼女」というビジネスが発表された。
文字をそのまま理解すると、複数人で “彼女” を共有するというもの。レンタル彼女の一歩先をいったサービスらしい。それだけでも怪しげな雰囲気プンプンなのだが、話題になった理由はもうひとつあった。共有される彼女が “オトナのシリコン製人形” なのだ。
・中国の新ビジネス「共有彼女」
この共有彼女サービスを発表したのは、福建省アモイにある成人グッズの販売企業「Touch(他趣)」で福建省。福建省はオトナの玩具に関して、なかなかアツいエリア。
2017年9月14日の発表によると、「共有彼女」はオトナのお人形をシェアするというもの。貸し出されるのは高級なシリコン製のお人形とのことで、様々な人種のお人形が用意されている。衣装もセーラー服からナース、ワンダーウーマンまで豊富なようです。
気になるお値段は1日5100円、まずデポジットに8000元(約13万6000円)。1日298元(約5100円)、1週間1298元(約2万2000円)といくつかコースが用意されているというから力の入れようは半端ない。アプリ経由で支払い後、プライバシーに配慮した形で郵送されるのだそうだ。問題なく返却されれば、デポジットはそのまま返ってくる。

しかし、日本では考えられないビジネスで流石に中国と御見それいたします。
この恐るべき精力を世界平和のために使っていただければ世界平和に結びつくのでは?と中国産「笑うセールスマン」にお願いしたい。
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。