踊る相場線

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

結局のところは・・・

日本政府は、日本上空を通過する北朝鮮による弾道ミサイル発射について、「常態化する恐れがある」(外務省幹部)と深刻に受け止めている。

飛翔距離約3700キロメートル、最高高度約800キロメートルと推定されています。

アメリカではなく、ソフトターゲットの日本に揺さぶりをかけることで、アメリカと同盟国との間に楔を打ち込むのが狙いです。


マスコミは自由かつ気ままに好き勝手な情報を書き込み流す。
聞き手の庶民は「また、いつものことだ!」と無関心になり、日々の仕事に精を出す。
政治家は「今がチャンス」と言わんばかりに改選を掲げ過去の問題の隠ぺいを図る。
これが今の日本の構造。


ミサイル問題も本当ならば北朝鮮を支援している国を明記し対応を考えるべきであり日本にある北朝鮮総連に対してはどのような対応とするのでしょう?
ミサイルの技術は何処の国が提供したのか?資金は何処の国から調達したのか?諸外国で北朝鮮を支援している企業や実業家は?


こんな話が舞い込んできたのです。
こんなご時世にFXで10000%以上の高利益を叩き出している人物がいると・・・
それが、北の刈り上げ坊主だそうです。
ミサイルを打つ手前に円を巨額に買い集め、ミサイルと打つと同時に円を売り捌く。
これならば、FX予想は必ず当たり大きく儲けることができる。
そうなると、世界各国が北朝鮮を支援していることになる皮肉な事実。
やはり人類は滅亡の途に就くのでしょうか?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。