踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

頑張れ、アントニオ猪木!

朝鮮の朝鮮中央通信は8日、前外相の李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長が平壌を訪問したアントニオ猪木参院議員と面会したと報じた。

私は、アントニオ猪木参議院議員のように行動する議員が大好きです。
なかなかこのように動く・動ける身軽な議員が今の日本には少ないのでは?と思うのです。各会派だの党の規律だの保守的思考が優先し立候補した時の国民との選挙口約も忘れ、当選と同時に次なる選挙の対策と個人の地位向上に奔走するお方が数多いと思える。
中にはそれでも物足りず「不倫行動」にまで及ぶ議員さんも数名居られる程に日本の政治は腐敗しているのかも知れません。
このように腐敗した日本の政治家の中で唯一国民優先に動く・動ける希望の議員がアントニオ猪木参議員と思うのです。

用心深いと言えばそれまでかもしれませんが、逆から言えば腰が引けているとかズルイという言葉も当てはめることができる動かない議員。
党の指示に従いとか会派の指示待ちとか?と言うが、では不正や不倫はどこから指示が出たのか?と聞きたくなる。

こうした中で幸運にも太陽フレアが発生するという事でGPS機能障害も予想されることから北朝鮮によるミサイル発射もない事が想定される。
これは実によい事であり、北朝鮮もアメリカも考える時間が持てたという事に繋がり神が人類に与えた最後のチャンスなのかも知れません。

ノストラダムスの大予言・・・彼、ノストラダムスはなにを人類に伝えたかったのでしょう?1999年の世紀末に世界は滅びると言う予言は、今日に至っては現実とならなかったが彼の予言は、まだまだ続きがある。
彼の言う「ひの国」とは何を指すのか?「火の国」「日の国」「非の国」「被の国」

世界はこれからどうなるのか?という世界規模から人類規模へと不安は大きく膨らむ。
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。