踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

夏期休暇終了。

長いようで短いような夏季休暇が終了致しまして本日から職場へ復帰となりますが、レカムの株価は未だに復帰しない状態であり未だに夏休み状態です。
本日の寄りが105円で安値94円の引けが95円。遂に100円を割り込む事態に進展・・・・
お盆が終わってもこのお値段ですか?「お値段以上レカム?」(CMでは「お値段以上ニ〇リ♫」ですが)にならないか?と期待はしたものの、あっさりと期待は裏切られる。
まぁ~私の期待など裏切られる確率は非情に高く競馬で考えれば天才ジョッキーの伝説を持つ武豊騎手の回収率は毎年最低であり、ひどい年は年間回収率0%という年もある・・・これは、別に武豊騎手がウンヌンではなく単に私の期待のハズレ確率が異常であるというだけであり、最悪の負けパターンレースでは「落馬」という形でハズレたこともある。
では、レカム株は「落馬株」なのか?と言えば只今「シンガリ」というだけのことであり12月のゴール手前3ハロンでは末脚を生かすと思っております。
話は株から競馬に移りますが、只今JRAではサマーシリーズ戦が開催されておりまして競馬に関心のない方にとってはサマーシリーズ戦?となりますが早い話し、この暑い夏に誰が競馬場に来るか?という事でG1戦もないこの時期の「夏枯れ」防止対策という事です。
天下のJRAでも「夏枯れ」状態がが起こるくらいですから株式市場でも夏枯れが発生しても驚くことはないのですが、当たらない馬券は私の財布を夏枯れどころか「枯渇状態」にする。

本当、当たりません!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。