踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

大丈夫かよ?

英政府は7月26日、石油を燃料とするガソリン車とディーゼル車の販売を、2040年以降に禁止すると発表しました。大気汚染が深刻化していることから、強制的にEVへのシフトを促します。経過措置として汚染のひどい地域へのディーゼル車の乗り入れを禁止するため地方政府向けに予算を拠出します。
7月上旬にフランスのマクロン政権がガソリン車の販売禁止を打ち出したばかりですが、英国も同様の方針を発表したことで、欧州におけるエコカーシフトが一気に進みそうな状況です。メーカー側もすでに対応を進めており、スウェーデンのボルボ・カー社は2019年以降、すべての車種をEVやハイブリッドにすると発表したほか、ドイツのBMWも全モデルにEVもしくはハイブリッドを用意する方針であることを明らかにしています。
世界最大の新車販売市場となっている中国も、環境負荷の軽い自動車の生産を義務付ける方針を示していますし、米国ではEVメーカーであるテスラが大躍進しています。
重要なのは、各国のエコカーシフトの動きは、事実上、EVシフトであるという部分です。
次世代エコカーの仕様については、数年前まではEVになるのか、FCVになるのか決着が付いていませんでした。しかし、ここ1~2年におけるEVの発展には目を見張るものがあり、時代の流れは確実にEVの方に傾いていきました。
ここで岐路にさしかかっているのが日本です。日本はEVシフトが発生してしまうと、既存の自動車メーカーや部品メーカーの利益が維持できないとして、既存技術を多数流用できるFCVを次世代の主力と位置づけてきました。日本では政府が音頭を取って、官民をあげて水素社会の到来を目指している状況です。


日本だけが違う路線を突き進む?それも支持率低下の安倍政権のもとで政府が音頭を取って官民一体で水素社会ですか?
本当に信頼できるのでしょうか?本当に大丈夫なのでしょうか?
不安ばかりが頭をよぎるのですが、これは私だけでしょうか?
日本はEVシフトが発生してしまうと、既存の自動車メーカーや部品メーカーの利益が維持できないとして水素社会を目指すとありますが、日本の自動車産業の根底を失っては何も残らない気がしてなりません。政府恒例の責任者不在で失策の付けは国民の税金で支払うという事にもなりかねない事態に進展しなければ良いのですが・・・・
私的には、日本政府よりも世界市場を信用してEV株の探索を狙います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。