踊る相場線

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

法律は誰のために?

有給休暇に関するツイートが話題のようで?
部下から「ドラクエをクリアするため」という理由で申請があり、上司は色々考えた結果、承認したというようです。
しかも、その理由は上司が部下に尋ね、申請書に記載させたとのことだから面白い。
私は法曹界の人間ではないので労基法に関してというよりも法律に関して素人である。
ただ、興味のある事項に関してはしっかりと調べ結果をメモすることは欠かさない。
そのような中、調べてみると???という文言が

有給休暇を取ろうとしたり、実際に取った労働者に対し、会社側がマイナス査定をして給料やボーナスを減らしたり、降格や閑職に追いやるといった不利益な取扱いをすることも許されない。
とあるが実際、私の勤務する会社では「精勤手当」というものが支給されております。
それも毎月の給与に反映される手当ではなくボーナス支給月のみ発生する手当です。
ボーナス査定期間に有給休暇の取得を行うと実質稼働日が少なくなるという理由で精勤手当の減額及び削除が行われます。その他には「業績給」が有給休暇取得により業績の低下という理由で減額「通勤手当」は有給取得により実際に通勤した距離が削減される為「家族手当」等の諸手当は組合との協議により決まった就業規則規定により?というから、有給休暇取得で保障された部分よりも大きく給与が削減されるシステム。
これにより有給休暇の取得を困難としている。
このような現状が改善されないまま国策として有給休暇の取得向上というから開いた口がふさがらないのです。
とは言っても若い頃「勉学に勤しむ」こともなく女に「勤しんでいた自分が恨めしい」
その若い頃「勤しんだ女」が今の女房なら、諦めも必要と自分を慰める。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。