踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

頼むぜ、レカム。

TVを見ると日曜なのに番組がいつもの日曜と違う?あっそうか!今日は祭日で海の日か・・・と気付く。
海の日と言っても私的には何の変化もなく、ゆっくりとベットで横になる時間が少しだけ長くなるだけで、それ以上の変化は何もない。
これと言っていうならば本日も嫁いだ娘が孫を連れて遊びに来ているらしく一階が賑やかである。

さて今、私が気にしていることは明日の株価でありレカムの株価です。
明日は114円で5,100株の買い設定を入れてあるので、なんとしても安値で114円を打ち出して欲しいと思っております。このような買い注文を入れた自分を非情だと思う。

買う前は下がれと願い、買えば上がれと願う。
実に利己的でありご都合主義であると思うが、これが現実であり世の中の常である。
結果的に世の中には勝者と敗者のどちらかしか存在しないのでは?と思う。どちらでもないと言う人が居られるならば、それはもしかしたならば予備軍であり今後はどちらかに属するのではと考える。


人は好んで敗者にはならないし、選択することないのですが敗者は生まれる。ではなぜ?となるが、わざわざ説明も必要としないのでしょうが勝者と敗者の違いは「努力」「工夫」「信念」でしょうか?

勝者を目指す私に休日はない!というところでしょうか?
定年を控えた私が安心して定年後の生活に不安がないような預貯金を作るための株式投資。

この努力が報われることを願うだけです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。