踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

レカム株売却

レカム株売却
131円×3,700株=484,700円で売却。
差し引き484,700-462,500=22,200円のプラスとなる。
僅かな取引で、これだけの利益が出ればど素人売買としては上出来である。
AM8時の前哨戦では、買われるは買われるで板は光りっぱなしで成り行き買いの数字もバンバンと伸び本日も高値更新か?と思われるほどに商いは進んだのですが流れはAM10:30頃から売り圧力に押されて下降の一途となる。これに伴い売りが、売りを呼び買われても秒殺売りで値は下がり続ける中、私も売りに決め136円で売りをセット。
午後からも売り圧力は強く、朝市の140円は何処へ行ったことやら?状態。
イライラと不安の中で光は差込んだのです。
14:45に大きな買いが入り何とか136円で逃げ切りを決めることができた、その後は124円まで下がり終値となる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。