踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

レカム株購入。

低位株の代表?ともいえるレカムが高騰という事で少し遅れての参戦となる。
少し前なら100円以下で買えたレカムが100円越えとは意外でした。
とりあえず味見という事で125円×3,700株=462,500円で購入。


買いの材料として次のようなことがあります。
1.今期予想 +3億。四季報予想 +2億5,000万、四季報の来期予想+3億
と、今期からは一気に業績変化率2.5倍~3倍増が期待出来ることから
株価の変化率としても確変が期待できる状況にあります
2.6/26付けの「レカム社長ブログ」では
・中国新興市場での株式上場に向け準備をしてきた大連レカム社。
・会社形態を「株式有限公司」に変更したことにより、中国新興市場への株式上場準備は最終段階に。
・順調に手続きが進む場合は
年内に上場承認がなされる見通し。
と「中国上場の現実味」を力強く公言しています。

このような情報から買いといたしました。
ただ、悪条件としては「今年の高値」を更新した後の参戦ですので売り圧力が気なるとこですし、それよりまして低位株の高騰は値動きが激しいところが気になるのです。
高騰から暴落というパターンも数多く経験してきた私にとってはトラウマです。
しかし、情報道理に事態が進展すれば想像を絶する高騰になることは期待できるので、今後の動向に注意が必要です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。