踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

誰だ妻のやる気SWを押したのは?

長男の結婚式から一夜明け、今日は結婚にお祝いをいただきながらも式に出席できなかった方々への挨拶回りとなる。外はあいにくの雨模様ですがカンカン照りの真夏日よりは楽かもしれない。
さて、昨夜は長男の結婚式が妻の女の性のスイッチをONにしたのか?はたまた私たちの新婚時代の記憶が蘇ったのかは知りませんが久しぶりの延長戦となる。私は本日、有給という事で仕事もOFFに組み込んでおりましたので余裕で延長戦へと流れ込みましたが我ながら年の割には元気なものだと感心する。
男のハゲは元気がよく癌にならないと噂では聞いたことがあるが、自分自身に置き換えると、なるほどと納得できる。
タバコは一日2箱で、酒も煽ればギャンブルでのストレス絶大の生活。
でも、元気で生活?というか生きている。唯一女だけは妻だけと決めているので夜の妻の延長戦希望など怖くはないのです。
昔と違うのは出す性から昇天させる性に替わったことですか?
長い事、夫婦として生きてくると「この期に及んで恥ずかしい」という気持ちよりも「この先、そしてこれからも楽しむ」という覚り?の感覚とでもいうのでしょうか、生きることを楽しむ行為の一つとして、また夫婦ののスキンシップとして肌と肌が寄り添う。
年と共に顔にシミもできシワも刻まれる、白髪も生えてくる。
体のたるみも出れる。確かにお互い若い頃とは随分と変わり果てた姿形になったものだと笑いが出る。
でも、夫婦になっても未だにお互い10代の恋愛感情は忘れていない。
体は年と共に衰えても、愛する気持ちは年を取ることも老化することもないのです。

今日は、結婚式。

今日は長男の一世一代の晴れ舞台である結婚式。
しかし、そんなことはどうやら孫には関係ないらしく開場とほぼ同時に深い眠りにつく。
せっかく衣装まで借りて結婚式に参加したのですがテーブルに着くことはなく、代わりにベットで深い眠りにつくZZZZ・・・・・
よほど寝心地が良いのか賑やかな結婚式場内でも目を覚ますことなく眠り続ける。
今日の結婚式の主役はどうやら長男よりも孫のようでした。
余りにも気持ちよく眠りについている孫に来場された方々は興味を奪わる次第。
結婚式に関して言うならば長女を嫁がせる時以上に泣けたのです。
今日の結婚式はお嫁さんを受け入れれる側であり喜ぶ側であるのですが、年と共に涙腺が緩くなったのかどうか知りませんが涙が止まらなかった。
これは、きっと長女を嫁がせた気持ちのフラッシュ・バックか?あの日の私の気持ちと今日嫁がせる親の気持ちが重なったのか?
とにかく涙が止まらい結婚式でした。
司会の進行で結婚式は厳かにそして、賑やかに進行され両家代表の挨拶として私が挨拶をして結婚式はお開きとなる。
この両家代表の挨拶のために私は結婚式の最中は一滴もアルコールを口にすることはなかったのです。なぜならば、娘を嫁がせる結婚式の際は嫁がせる側という気楽さからツイツイ飲みすぎ妻の怒りに触れるまで飲み過ぎたと言う失態をさらしてしまったのです。
ですので、長男の結婚式では禁酒令が発令されていた事を誰も知らない。

おめでとう

明日は、長男の結婚式。
長女の結婚の際もそうでしたが「結婚式前に入籍」が今は主流なのでしょうか?
私のころは  結納➡結婚式➡新婚旅行➡入籍  という流れで新婚生活がスタートしたのですが、時代と共に結婚という価値観の変化なのか?どうなのかはよく理解できませんが随分と変わったものだと感じております。

結婚式に関しても誰を呼んで席順は?と大変苦労をしたものですし、一番は仲人を誰にするか?という事でゴタゴタしたものです。
親戚から仲人を選ぶのか?会社の上司にするのか?それから親戚代表は誰にするのか?とまぁ~大変でしたが、子供たちの結婚式を見ていると実に身軽で羨ましい。
結婚記念写真は前撮りで都合のいい日に式場と打ち合わせて天候を見ながら自由に決め撮影してもらえる。
仲人も親戚代表も特に決める事無く披露宴重視。
来賓という事に拘ることなく、友人・知人・友達優先で披露宴の後は2次会が設定されている。

これが今の一般的とは思いませんが、私の結婚した時代と違うのは結婚は「家と家」・・・すなわち「両家」という事が重視され優先されたもので格式と家訓ですか?好きでも一緒になれない友人も数名いたものです。
そして、めでたく結婚して子供が生まれMYホームを夢に見る。
そういえばTV・CMで「嫁という字は、女に家さ♪女は家に弱いもの~♫」
なんてCMがありました。

明日、結婚する長男を見ていると私も随分と年を取ったもだと実感する。
結婚➡子供が生まれる➡マイ・ホーム購入➡子供たちが結婚し、巣立つ。
実に簡単な図式となるが文字にするれば数多くの葛藤や不安あり涙あり笑いありの今日までだったと振り返る。

明日、結婚する長男へ「おめでとう」

そうそう、これは長男の結婚式が決まった昨年から妻に口うるさく言われている事があるのです。「飲み過ぎるな!」酒好きの私は長女の結婚式でツイツイ飲みすぎた事を未だに妻は根に持っているようです。


ど素人の株日記

流石は金曜日とは思うのですが・・・13日の金曜日という映画のようにオカルト的な株値で終了致しました。個人的には来週からの売買にも株取引に影響が出そうな悪い内容に思えた。

とにかく売り圧力が強く、全くもって買いの力が及ばない取引で買いをあざけ笑うがの如く売られ値が下がったのです。
株の取引きですから株の値動きも仕方のないことで値下がりにその都度反応や対応をしていたならば体が持たないのも事実。

此処で考えたいのが「なぜ、株を売るのか?」という事を冷静に考えるという事が求められる。

1.安値で購入したので、利益確定売り。
2.空売りにより値下がりしたところを狙い一気買いで暴利を得る。

注意が必要とされるのは2番で「空売り」にも理由があり、売り買いいずれの際も利益が求められているという事を忘れてはいけない。

そして、株値が下がると一番醜いのは「掲示板」となる。
レカムの掲示板もしかりで、それはそれはひどい書き込みとなり情報交換のために設置されているのですが、本来の機能を果たすことなくひどい言葉が数多く書き込まれる。

個人が特定しにくい、または出来ないとなればメチャクチャ書きたい放題・やり放題ではレベルが知れてしまうのです。
まるで、どこかの総理大臣のようでバレなければ何でもありで、バレたらしらを切る。それでもダメなら辞任すれば良いという考え方が国民にも広く浸透したのか?と不安になる。

このような状態で日本の市場を守ることができるのか?と疑心暗鬼にるのです。ならば、日本市場での取引を辞めればいいのでは?と簡単に口にする愚か者がいるとしたならば「改善を求めているわけであり、結論を求めているわけではない。」と言いたい。
掲示板にせよ設置したならばやはり管理は求められる。管理できない掲示板ならば廃止すべきであり、これと同様に「国家を統治できない首相は求められていない。」仮に統率力が欠如した人物が一国の首相ともなれば、その国家に発展や将来はなく絶望と壊滅と言う道しか切り開くことができないのでは?と怖くなる。

株取引と国家の運営を切り離して考えることは大変危険な思想ではないかと思い、国家を統率し経済を仕切る人物はやはりもう少し適材適所とすべきではないか?

まずは、一般国民が潤うことにより経済の活性化を図るのことを優先すべきなところ、どうも違う部分の一部の人達でおかしな方向付けがされているように感じる。

ど素人の株日記

大型IPOとして気にはしていた「佐川急便」と「メルカリ」がいよいよ上場してくるそうです。
市場にとっては大変価値ある上場となるのでしょうが、現在「レカム」株を追求している私にとっては少々頭の痛い事態となるのです。
なぜなら・・・一小市民が株投資に動かせる資金などはたかがしれている。
これから、上場してくる佐川急便やメルカリのIPOに参加するには一度レカムに投資した資金を引き揚げてからのIPO応募となる。

私が現在利用しているのはSBI証券ですので、佐川急便やメルカリのIPO主幹事証券会社がSBI証券以外ならばお金の移動だけで営業日3日が必要となる。
勿論、SBI証券からのIPO応募は可能でしょうが主幹事証券会社の方が当選確率が高いので主幹事証券からの応募としています。
そして、IPOに応募しても必ず当選とは限らない。
IPOに応募して当選発表まで約2週間程度待ちその結果が「落選」では泣くに泣けない。
それから、大急ぎでSBI証券に資金を移すと言っても、これもまた大変時間を必要とするから迷う。
それもこれもニーサの関係でマイナンバーがあるのだから、どこの証券会社でもマイナンバー登録後の証券取引としてマイナンバーでニーサを使用できればこのような事態は発生しないのですが?

そもそも、以前使用していた住基ネットで十分な対応ができたと思うのですが住基ネットの利用率が低く改善が求められ?セキュリティーの部分からも新たな管理システムの必要性から「マイナンバー」となったらしいというが、この事案も疑問である。

実際問題、森友問題で佐川氏の答弁は「記録は破棄した」「データはない」「政治家の関与はない」と“ないないづくし”で、その後栄転が決まる?国民の疑問や不満に対応することなく物事が進展していく。

私個人においても私の意見要望に反して妻の行動が反映されるのですから、私の考えや理想など世の中に必要とされていないことなど重々承知しております。