踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

美味しいサンドパン

今日は、ダイエット中の妻と新潟県上越市 南高田町 3-1にある小竹製菓さんへサンドパンを買いに出かけました。
私の自宅から上越市までは車で2時間ほどです、距離にして120キロ程になるのでしょうか?

テレビ好きの妻が観ていた番組の中で「小竹製菓」のサンドパンが紹介され、どうしてもそのサンドパンが食べたいという事でドライヴがてらに出かける事へ。
もともとサンドパンが好物の妻で地元にあった妻お気に入りのサンドパン屋さんが高齢化という事で昨年閉店したのです。
そのために「おいしいサンドパン」に飢えた妻はテレビで紹介されるからには美味しいはずと期待したみたいです。

当日の午前の天候は期待できるほどのものではなくグズついた天気でしたが午後からはなんとか持ち直し雨も上がり小竹製菓さんへ到着するころには減れとなりました。
店内はさっぱりとしていた感じで丁度AM9:00に焼きあがったサンドパンが並び、早速購入。
小竹製菓さんの駐車場に止めた車の中で待ちきれない妻は、早々に食べ始める。
「う~ン、旨い」この言葉に釣られて私も食べてみた・・・確かに旨い。

ささやかな幸せを感じることができた一日でした。

遂に分割

第一四半期決算が数多く報告される中、期待の6081アライドは赤字決算となる。
増収増益で報告が上がるものと疑う事のなかった私にとっては以外であり、思い出せばどこかで赤字情報が漏れていたのか最近では株価の値下がりも続く日々でした。


株の売買に関しては個人責任であり深く考えはしないのですが、値下がり株の掲示板の書き込みは実に醜い。
掲示板の意味を履き違え、「個人の鬱憤を晴らす場所となりかねない。」このような状態をいつまで放置するのか?掲示板設置者の責任は何処にあり、どのような形とするのか?
安易に掲示板が設置できること事態にも問題があるという事にもやはり問題があるのでは?と疑問を抱く。
少なくとも株関連の掲示板にはもう少し大人の見解が持てる人しか参加できないようなシステムが必要では?


6081のアライド掲示板に関しても同様であり、株価の値下がりに伴い実に醜い書き込みが増えてきたのです。


5月12日の赤字第一四半期決算決算報告の中で株式分割も併せて決定されたのです。
(詳しくはアライドHPにて確認ください。)
さてこの赤字報告と株式分割が月曜日からどのような効果として株価に現れるか期待です。
赤字に報告によりうりが加速するのか?株式分割により株価上昇となるのか?はたまた赤字報告プラス株式分割でWパワー相乗効果で一気の暴落となるのか?
期待と不安が交差する休日明けとなりそうです。





妻のダイエット

帰宅すると見かけないものが部屋に置いてあるのです。
よく見れば「トランポリン」ではないですか・・・・
しかしなぜ自宅にトランポリン?孫の遊び道具かと思い妻に確認。
初めは口ごもっていた妻も「実は・・・・」という事で聞いてみれば「ダイエットに役立つから・・・」なにやらネットでトランポリン運動は腰に無理なく全身運動ができるということらしい?

しかし、3日連続使ってみたら股関節が痛くなったために現在は使用していらしい?
まぁ、このトランポリンも近いうちに表の収納スペース行となることは間違いない。
もしくは完全に孫の遊び道具となるのか?娘が孫たちの玩具として持ち帰るかのどちらかとなることは間違いないことでしょう。

しかし、妻のダイエットに関わる執念には感心するがダイエットに関わる食品や衣料品、更には道具に機械に道具ということよりも運動の実行と継続の方が効果があるような気がすると伝えたいが、その勇気が残念なことに私にはない。

なぜかマイテン?

大幅続伸のなかマドを空けての上昇から、年初以降のもち合いレンジの上限を突破している。その後も上げ幅を広げており、一昨年12月以来の19900円を回復する場面をみせているというイケイケ日経平均。
そんな景気の良い話を他所に、なぜかアライドはしっかりと株価マイテン・・・なぜ?
日経が上昇すると下降するアライド?不思議な株です。
いずれにせよ今月12日には第一四半期決算があるので収益に関しては安心しておりますので不安要素のない安泰株として上昇は間違いなしと思っております。


そんな中で余裕といたしましてはブログの更新と変更という事で壁紙の変更やらサイドバーの変更等を行ってみました。
ブログの更新と変更が完了したので、あとはアライドの高値の更新を待つばかりということで・・・そうそう「みんなの株式」も更新いたしました。その際に私が購入した10社の株情報も載っていますのでそちらも見ていただければ嬉しいです。

目指せ日経平均2万円

さて、ゴールデンウィークも終了となり日本の市場が稼働いたしますが本日の商いはどうなる事か気になるところです。
地政学リスクを気にしながらも落ち着きが観られると楽観的判断で市場が流れてくれれば今週第一四半期決算を迎えるアライドとアドウェイにとっては好材料と思えるのですが、こればかりは私の思惑道理とはいかないのでしょう?
アライド6081に関しては今年の最高高値の4,950円を超えての5,000円オーバーを狙いたいところではと思うのですが、狙っているのは株ホルダーであり私だけではないのですが・・・しかし、売り圧力もかなりなものでガンガンと売りを浴びせてくる輩が厄介であり、この輩を早く灰にしてくれる救世主が現れないものかと期待が膨らむのです。
そのベースとなるのが日経平均ですが、未だに2万円の大台を超えることができずに低迷中。
抱える問題は確かに数多く解決には困難を要するとは思うのですが、世界市場は待ってはくれないと言う事も忘れてはいけない。

日本の市場を一企業と考えてみたならば、「赤字部門の削減」ということで個で成立できない企業の淘汰は仕方のないことでは?と考えるのです。
木を見て森を観ずではなく、森の中に木があるという発想で是非とも早期日経平均2万円を達成していただきたいものです。