踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

レカム株価、三桁回復

レカム株価が終値100円まで回復で一安心です。
トンデモ発言のIRで一時的にはパニック売りとなり暴落状態となりましたが、現物保持の私にとっては一時的な通過点と考えておりましたのでダメージ的には皆無なのですが金銭的なダメージよりも精神的には、かなりのダメージとなったことは事実です。
なにせ、90円を切っての89円突入があったことで114円で購入していた私からすれば、少なくとももう少し購入時期を調整していれば安く買うことができた事が悔やまれるのです。

これも結果論となるのですが「市場の一寸先は闇」ですね。
しかし、今回のレカムの株価の動きには不自然さが目立つ。
この不自然さを見抜く目力が付けば「相場師」としても生きていけるのでしょうが?
近頃老眼が進んだ私の目では無理があるのかも知れません。
ただ、幸いな事としては「年と共に経験値からカンが冴える」ことは確かなことです。
お金が絡む事柄には何か怪しげな部分があることは昔からの習わしとしてあることですので驚くこともないのです。要は、その怪しげな部分に気付くか気付かないか?で勝負の流れが決まってくると思うのです。

今回の怪しげな部分としては
1.IRが実に怪しい、3Qでは好決算でありながら株価高騰を否定。
2.空買いが多すぎる。

以上の点から、今後の株価高騰に対して空買い転換の空売りによる株価の下落警戒と空買いによる旨いとこどりを警戒と判断。
判断としては近日中にレカム株は大爆発。
さて、この判断は正解か?誤りか?来週にはこの答えが出ることでしょう。

そんな簡単に?

矯正下着を妻が買うらしい?

そんなことは別に気にはならないのですが、心配なのは履けるサイズが市販されているのか?という事が気になる。
大体にして「なぜ今更、矯正下着?」となるのかが理解できない?
妻曰く「スタイルの矯正とダイエット」だそうですが・・・こんなガードル1枚でスタイルとダイエットの両方を狙うあたりが凄いと感心する。
更には骨盤の矯正により女性機能の若返りというから凄いと感心するしかない。

女性機能の若返りね~と私は首を傾げる?では、聞くが女性機能が若返るというがどこまで若返ることが可能なのか?ということが疑問になる。

まずはパンツを脱いだらオケケに白髪が混じっている・・・この白髪を染めるのか?それとも抜くのか?アンダーヘアーを染めるなんて聞いたことはないが思い当たる節がないでもない。

よく考えれば風俗で働く女性のパンツの中に白いものを見たことはないと若い頃の記憶がよみがえるが当然の如く妻には言えない。

あの頃、風俗女に下の毛の手入れ方法を聞いていれば今頃このような疑問を持つことはなかったと反省する。

個人的にはアンダーヘアーなどというものはない方が男は喜ぶのではないか?と思うのです。まぁ、これは個人的趣向ですのでなんとも言えませんが一度だけ妻の下の毛を剃り落としたことがあるのですが正直なところ何とも言えませんな~。

最近のAVでは剃毛が当たり前で、ひと昔前のAVでは下の毛が見えたらOUTという記憶がある。

ノーパン喫茶では女性は女性器を隠すために何らかの手法をとらなければなりません、その隠すための手段は女性器に何かを貼るという事となるので当然のことながら剃毛となる。そうでないと剥ぐ際には涙ものとなるから・・・

剃毛後はなんと傷口に貼るカットバンを貼っていたことには驚いた。

私は「前張り」といわれるガムテープかと思っていたらギリギリの線でカバーできるカットバンでお店に出ていたのです。当然のことながら、そのカットバンを見せていただくのは別料金でしたが楽しい時間でした。

妻の女性機能がUPしたならば、私の男子機能もUPさせなければバランがとれない事となる。バランスが崩れれば夫婦生活の崩壊の危機となり、いずれは離婚問題に進展の可能性も否定できない。

下着メーカーさんに男性機能UPのパンツ開発を願うしかないか?

忖度饅頭

今回の新株予約権発行は、当社グループの企業価値・株主価値の向上に資するものであり、既存株主の皆様の利益にも必ずや貢献できるものと判断しております。株主の皆様におかれましては、何卒ご理解をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

という言葉がレカムの社長ブログに書き込まれております。この文言は株主の気持ちを忖度した結果、このような文面となったのでしょう。
ならばもしかしたら今後の株主配当に「忖度饅頭」が配られるのか?とも期待する。

実際のところは忖度饅頭よりも株価上昇で株主還元に期待したいのですが、明日月曜から米屋の認知症老害爺さんが何やら少女像大好きオジサンとタッグを組んで軍事演習を始めるらしいか?これに刺激されて北の刈り上げ坊主が悪さをしなければ世界経済は安泰と期待できるがよく考えてみれば可笑しな変人が国のトップを務めるからおかしなことになる。
少女像も本当に国民から理解と称賛を得ているのか?国際社会からみたならば?と広い視野で物事を精査して頂きたいものです。

このようなおかしなトラブルを収めるには世界で一番気前が良く金銭感覚のない日本の森友オジサンが日本から日本の名物として、米屋の老害認知症爺さんに南の少女像大好きオジサンと北の刈り上げ坊主に「忖度まんじゅう」をプレゼントとして送ってみてはいかがかな?きっと喜ばれること間違いなし!
その忖度饅頭を渡すパーティー会場には勿論「女体盛り」も御用意して、レセプションは箸で乳首をつまむというオープニングでスタート。

そんなこんなでよく考えれば、なんだかんだと言っても日本が一番「おバカな国」である。

あ~やはりレカムよ、君の株価だけが私の希望です。


愛する人の為に出来ること?

車の中から外を見る。まだ、夏期休暇なのか?それともこれから夏期休暇なのか?
健康のためにジョギングやランニングをする人の姿をタバコを吸いながら眺める。
今日でこそ禁煙運動が盛んになり、タバコの健康被害という事でタバコが嫌われ者扱いされておりますが、ひと昔前ならば「今日も元気だ、タバコが旨い!」というフレーズでタバコが販売されていたご時世です。
私は喫煙派でタバコをプカプカと吸う・・・夏目漱石作の「吾輩は猫である」の中にもタバコについて書いてある説があるし、井上ひさしさんも大の愛煙家で歯を抜いて、その開いた穴にタバコを差込んでの執筆活動をされていとか?
もしかしたら著名の方々の中でタバコは愛されていたのかも知れません?


「さだまさし」さん作詞の関白宣言ですよ・・・その中の1フレーズの中に「俺より先に死んではいけない・・・」私も同感です。愛する妻を失うことなど見たくも考えたくもない、ならばどうする?ということで喫煙です。
健康は失ってから判る宝物・・・本当に健康で素晴らしいこの体です、50後半でも血圧・血糖値・聴力などは30代から大きな変化はなく実に健康そのものですが、妻は三人の子供を出産したせいか年齢を重ねるごとに体調が悪くなるようです。
元気な私に妻は言う「アーム筆入れ」みたいな体だね?と・・・
像が踏んでも壊れないアーム筆入れパオ~!TVのCMで像が筆入れを踏んで歩くが筆箱が壊れないというCMです、今にして思えば筆箱にそこまで強度が必要か?と思うのです。昔からTVのCMパワーは絶大であっという間にクラスの中はアーム筆入れが広がり当時の私も親にせがんでやっと買ってもらった覚えがあります。しかし、このアーム筆入れブームも短命で次には裏表が開く両面筆入れが流行りだしたのですが、本当に丈夫なアーム筆入れのおかげでその後、私は筆箱ブームに乗る事となく壊れる事無く小学校卒業まで使いきりました。


健康や元気は確かに大切ですが、本当に大切な事は先のことよりも今が大切であると思いながら、またタバコに火をつける。

よく考えてみよう!

さて、一段どころかドンドン下がるレカム株?遂に下落ランキング2位という堂々の輝かしいポジションに着ける。
掲示板も荒れ放題となり実に醜い書き込みが目に付き始める。
SNSの怖いところは自分と違う人を非難し排除しようとする傾向が見受けられることです。
意見交換・情報交換の為に設けられた掲示板であり公共性も持たせながらのはずが一個人の独壇情報の発信場となり違う意見の人を排除しようとする。
IDで書き込みの為に個人の特定が難しいことから、トンデモ発言が飛び出し書き込まれる。違反者として管理人に通報されてもIDを変えて参戦してくる事態であり、かなり最悪状態と思える。
早い話が「個人を特定できなければ・・・」何でもOK状態?
日本の政治家に似ていないか?と感じる部分がある。
いずれは公になるだろう「女体盛り」官僚。今は沈黙で、近いうちに謝罪と退任?事実確認ができなければ何でもOKという事か?
昔の言葉で「歌は世につれ、世は歌いにつれ」いった言葉があるように現代は「SNSは政治に連れ、政治はSNSに連れ」という事でしょうか?

そんなことよりもレカム株でよく考えてみたいのが、そもそもが8月16日のIR
「募集新株予約権(業績連動型新株予約権)の発行に関するお知らせ」
からパニックが始まったのですが思い出せば似たようなことがあったのでは???
そう、任天堂です。
ポケモンGOの世界的成功は業績に大きく影響しない、と任天堂が発言した直後、同社の株価は急落した。

では、今現在の任天堂株価はどうでしょう?という事で歴史と同様に株の価格も同様に繰り返すと考えれば、今回のレカムも任天堂と同様となる。
とすれば・・・大爆発も近い?という事になるのでは・・・・