踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

東証を考える。

前日S安の3808(株)オウケイウェイヴを買ってみた。
企業業績を見ても、決算報告を見ても、今後の企業見通しを見ても問題はないのですが株価は此処へ来てなぜか暴落?
そろそろ下げ止まり感が漂う感じがいたしますので3,670円のS安値で購入。
S安値の購入が凄い、圧倒的な買い注文で本来ならば15:00終了が延長30分です。


なんとか延長で200株約定致しましたので、後は明日金曜日の取引を待つばかりとなるのですが東証ならばPTSで若干の気配を探ることもできるのですが名証ではそれもできませんのでじっと我慢です。
気になるのは金曜日の取引は利益確定売りが強い傾向になることが気がかなところで
掲示板を見る限りでは「売り煽り」が強く不安にもなりますが、今更仕方のない事と諦め半分の気分です。


しかし、尋常ではないこの株価の連続暴落の裏には何かあると感くぐるのは素人なのか?
ネットニュースでは「投資家のストライキ」という名目で日本の投資家が東証より撤退?との噂も。
余りにも不自然な株の値動きに嫌気がさしたのでしょうか?一部の機関投資により莫大な金額で株価を自由に操作できることに対しての対抗策か?
一部の噂では野村証券の空売りが原因では?とのうわさ話も


確かに野村証券は野村の「NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(2049)」償還/上場廃止という痛手を今年受けている事実。
この事実からすれば早期収益改善を目指すならば、空売りで短期的回収を目指すことも納得できる。
証券取引所は証券売買手数料で稼げればそれで儲かる。
機関投資は莫大な資金を武器に株価の操作で莫大な利益を得る。
結局、泣きを見るのは一般投資家となる。
これで、健全な株式市場が成立するのか?と疑問に思う。


このままでは、日本の株式市場は衰退に一途であり発展など期待できない。
しかし、株式も博打と考えれば希望はある、博打に「いかさま」は付き物でセット商品と考えれば自然であり、「いかさま」を見破れば効率よく儲けることもできる。


いよいよ、改修工事

いよいよ、我が家の外壁改修が始まりました。以前書き込んだ裁判沙汰とはこのことです。購入した家の定期点検で外壁の剥離が見つかり家を購入する際の説明は「外壁の保証は10年です。」という説明に納得し購入。説明道理に保証を求めたところ「約定書の保証は2年です。」という回答に激怒した私は責任者による説明と回答を15日以内の提出を要望致しましたが、その後は音沙汰なし。これに完全にブチ切れで「瑕疵保険会社」へ相談。瑕疵保険会社が仲裁に入るか、裁判とするか?裁判の際にも弁護士費用の保険適用在りですので住宅購入の際に瑕疵保険に加入されておられる方は必ず「瑕疵保険会社」相談された方が良いかと?今回の私へのアドバイスは実績を残すために、まずは家の建築をした業者の責任者・・・すなわち「社長」宛に内容証明者の送付をしてくださいとのことでインターネットで郵政のHPより雛形をダウンロードこの郵政の内容証明書の雛形は365日24時間受け付けておりますので便利です。
費用は税別400円程度です。(詳しくは郵政HPで確認ください)
早々に「法的処置も辞さない」という文面を作成し送付したところ即効で無反応だった担当者からTELがありました
私 :「あなたのような、無責任な人と話をする気はない!」
担当:「では、どうしたら?」
私 :「責任が取れる、取る人と話がしたい。」という事でエリアを所轄する責任者と交渉の末に無償で外壁の改修が始まりました。

この改修工事が終わると、今度はカーポートの改修工事です。
これは、私の実費という事になります。
今年の大雪の雪害によるもので、雪の重さによりカーポートが沈み雨トヨが上手く排水できなくなったのです。
しかしこれも火災保険で改修できるというから助かりました。

メルカリ上場

4385メルカリがいよいよ東証に上場です。

メルカリの事業内容は「CtoCマーケットプレイス『メルカリ』その他のマーケットプレイス」で、東証マザーズ上場の超大型案件(想定時価総額3,315.6億円、吸収金額1,067.1億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「大和証券が主幹事」の案件ですとあります。


抽選申込期間 : 6月4日(月)~6月8日(金)

当選発表日  : 6月11日(月)

購入申込期間 : 6月12日(火)~6月15日(金)

上場日    : 6月19日(火)


問題のBB価格と初値予想ですが

BB想定価格  : 2,450円
初値予想    : 3,000円 ~ 3,600円


私は大和証券の口座もあるので、申し込みは勿論「大和証券」からIPOチャレンジとなります。
やはり主幹事証券は当たりやすいので、申し込むならば少しでも当選確率が高い主幹証券が正解と思うのです。

1株あたり500円程度の利益で400株当選ならば20万円の利益です。
残念なことに私のNISAはSBI証券で作ってあるので大和証券では該当せずで、更に既に株価の非課税の20万円もオーバーですので、このままであれば課税対象となるのです。

スーパー淋病


<抗生物質の効かない淋病が世界で急増。対応が追い付かず、制御不能になる恐れも>


東南アジアで女性と性行為をしたイギリス人男性が、既存の抗生物質が効かない史上最悪の「スーパー淋病」に感染していたことが明らかになった。

イングランド公衆衛生当局によれば、男性の症例は、淋病の治療に最も有効とされる2種類の抗生物質が効かなかった初めてのケース。英BBCニュースが報じた。男性はイギリス国内にもパートナーがいたが、淋菌に感染したのは今年初めに東南アジアで別の女性と性行為をした時、と当局はみている。


WTO(世界貿易機関)が77カ国のデータをまとめた昨年の報告書によれば、既存の抗生物質が効かない淋菌は急増しており、淋病が制御不能になる恐れがあるという。

「淋病を引き起こす淋菌は特に頭がいい」と、WHOの生殖医療専門医テオドラ・ウィは昨年7月の声明で言った。「新種の抗生物質を投与するたびに、淋菌は新たな耐性を獲得する」


WHOによれば、淋病の感染者は毎年7800万人。コンドーム使用率の低下や都市化、人の往来の増加、抗生物質が効かず治療に失敗するなど、あらゆる要因で感染者数が増加した。WHOが管轄する東南アジア地域では、毎年1100万人以上が感染しているという。


人間の欲望はありとあらゆる面で作用し効果を上げるという事でしょう。

淋病しかりで、人の性的欲望が淋病を拡散させ淋病自体を進化させる。


製薬会社にとっても利益的に薄く、淋菌感染症は他の感染症と比べ長期間の治療を必要としない患者が多い。

このような面からしても淋病治療に対して画期的な治療薬の開発は望めない。


そうした製薬企業の隙間と人の欲望の狭間を淋病は見逃すことなく着々と感染を広げていくことでしょう。


そして、このスーパー淋病に感染した「女性」を格安ツアーの中で売春を組み込んだならば生物化学兵器以上の破壊力である。


そのようなことができる国は北朝鮮であり、おバカな国は日本である。


NHKマイル

GW最終日、天候は晴れ。
気になるのはNHKマイル・・・・
昨日の京都新聞では1番人気のデムーロが飛んで波乱な結末となり、私の懐事情も連れて波乱状態。
サクラ舞い散る♬~お金舞い散る♫である。
今日も外人のルメール・デムーロで勝負!
デムーロクン今日も飛んだらどうなるか?判るよね!


見事に飛んだ~飛んで飛んで~回って回って回る~♬
バカヤロ~2週連続だぞ~国へ帰れ~二度と来るな~
と怒り爆発!


来週のG1軍資金は?
何とかショボイが東京12R馬単でなぜか的中!
諦め半分で、気楽に買うとなぜか当たる!
勝負に出ると、なぜか負ける?