踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

犯罪的思考

文部科学省の局長級幹部である国際統括官が26日、東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕された。同省では前局長が受託収賄罪で逮捕、起訴されたばかり。省内では2人と、今回、贈賄容疑で再逮捕されたコンサルタント業者との癒着が以前から噂されていた。
「問題のコンサル業者と派手に飲み歩いていた。癒着があっても何の不思議もない」。同省関係者は、収賄容疑で逮捕された同省国際統括官・川端和明容疑者(57)についてそう話す。
川端容疑者は宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))に出向していた15年8月~昨年3月、医療コンサル会社の元役員・谷口浩司被告(47)(受託収賄ほう助罪で起訴)から東京都内の飲食店などで約140万円相当の接待を受けていたとされる。関係者によると、同省の私大支援事業を巡る受託収賄罪で起訴された佐野太被告(59)も、谷口被告から高級クラブなどで繰り返し接待されていた。


という記事が目に入り、その次に
15年に高橋克也受刑者(60)の公判に出廷した際も、「大変ばかなことをしたと思っている」と反省の弁を述べ、松本元死刑囚について「ただの大ばか者。私自身も同じ穴のむじな、くそばか野郎だ」と述べていた。 


結局は、一部組織の中で思考回路であり公の中での判断ではないという事です。


文部化科学省は確かに国家機関と考えれば公の機関ではありますが、公共機関の中で一部に組織的なものが存在する。


その一部の組織がオウムと言う組織同様に「組織の中での思考」というものを形成し
犯罪的行為であるにも関わらず「正論」とかする。


まさに高橋克也受刑者の言葉道理である
「ただの大ばか者。収賄される側も同じ穴のむじな、クソばか野郎だ」

久しぶりの情報!

アイフリークモバイル<3845.T>に注目したい。

18年3月期に「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消した。同社は今後、モバイルコンテンツ事業の持続的な成長、CCS(コンテンツクリエイターサービス)事業のさらなる拡大、IP(知的財産)事業でのサイトのリニューアルオープンと運営を計画している。これらの事業は、継続的かつ安定的な収益力を高め、成長戦略をさらに紡いでいくと思われる。コンテンツでは語学学習にフォーカスした絵本サービス「新・森のえほん館」などファミリーコンテンツ事業の育成にも注力している。

5月に定款に仮想通貨交換業や金融商品取引業などを追加したことも材料視できよう。
4月に筆頭株主の永田浩一氏などに第三者割当による新株式(発行価額256円)および新株予約権(行使価額284円)を発行、調達最大9億5400万円を調達したことも今後の展開に対する期待材料。

19年3月期連結の営業赤字は5億8600万円(前期2800万円の赤字)と赤字拡大の見通しだが、今後の成長に向けたシステム開発費用などの増加と「前向きな赤字」。実際、株価も5月11日の決算発表後の同月17日に259円まで押してから、底入れ反転、6月13日に447円まで上げるなど、今後の収益改善を期待した買いが入っている。その後は下落したものの、7月5日に291円まで下げてから底入れ反転の足を見せてきた。


久しぶりにアイフリークモバイルが話題にあがる。
来月10に1Qが発表されますが、確かに大幅な赤字増大という決算報告となること間違いなし。
しかしながら先行投資により発生する赤字ならば恐れることはないのですが・・・


時として思うのは「投資」と「損失」である。
同じ出費と考えた際には
投資は回収できるが、損失は回収不可能である。
投資が回収できた際には次なる投資に繋がるが、損失の回収ができたところで当然である。


赤字企業だから経営が悪いのではなく、投資と損失の区別がつかない投資家に問題がある。

実に面白い

世の中には面白い事も数多くやるのですが、面白い事を考える人も数多く居られるようで・・ましてやSNSが発達した現代にPCと言う優れものが庶民に普及した今では
いつ何が飛び出してもおかしくはないのですが・・・


このイラストは中国では当然アウトでしょう・・・ポスターに墨汁を掛けただけで当事者は消息不明と言うのですから実に怖い。
それに対して、日本はとなれば・・・
このような物でも自由に閲覧できるのですから・・・表現の自由?
この作品を芸術と呼ぶのか表現の自由とするのか?


確かにSMもSEIJI(政治)MORARU(モラル)とすれば立派な政治活動である。


ただ残念なことに、このイラスト製作者に一言いうとすれば「性欲回復」が「政欲回復」であれば100点です。
実に惜しい・・・もし、製作者の方がこの書き込みをこの見たならば性欲を政欲に書き換えて張り付けていただければ幸いです。
しかし、このようなSNSを見つける私もかなりの暇人でしょうな!


なかなか的を得ている


ショッカーが語るリーダーシップと組織論 The theory of leadership and organization by The Shoker


凄くためになるので最後まで聞いてください。
流石、世界征服を目論む組織。
日本を代表する最強組織「ショッカー」




日清 太麺堂々CM「ショッカー」篇30秒Ver



日清 太麺堂々 新TVCMの撮影現場にモーニング娘。が!

毎日、暑い日ですが・・・

海水浴シーズンまっさかり。夏休みを取って海に遊びに行く方も多いと思うが、海岸には思わぬ危険が潜んでいる。50年以上前、戦争の傷跡も覚めやらない頃に日本で実際にあった痛ましい事故を紹介しよう。
1955年7月28日、三重県津市の中河原海岸は海水浴には絶好の日だった。同市の橋北中学校では例年通り、夏の水泳講習を実施していたところ、女子生徒36人の命が一瞬にして失われるという痛ましい事件が発生。この日は全学年600人以上が参加していたが女子グループの43人が高波にさらわれた。7人は意識が回復したが36人が帰らぬ人となった。当時の新聞記事より・・・・


遭難者の大半は一年生の女生徒で最後の能力テストのため各班ごとに海へ入っていたもので遭難者は泳げない組で岸から約10メートルのところでジャブジャブやっていたところ、突然高波が襲いかかり、足を波に奪われてあわてて救いを求め、先生の身体にしがみつく者、手をあげて沈んでゆく者で修羅場となり他の組で泳いでいた先生もかけつけて次々に救い上げた。


(朝日新聞1955年7月28日夕刊「女生徒36名絶望か 津市 水泳講習中に溺れる」)
岸からわずか10メートルの場所で起きた凄惨な事件だった。事故原因は未だにはっきりしていないが、生存者の女生徒から事故当時から「海の底からたくさんの女の人がひっぱりに来た」という声があった。
事故10年前の1945年7月28日には津市への米軍の空襲があったことから、戦争当時の被災者の霊の仕業ではないかという声が地元ではささやかれていたという。
生存者の女生徒の一人が、やっとショックから立ち直った1963年、女性誌に以下のような手記を寄せている。
「弘子ちゃん、あれを見て!」私のすぐそばを泳いでいた同級生のSさんが、とつぜん私の右腕にしがみつくと、沖をじっと見つめたまま、真っ青になって、わなわなとふるえています。その指さすほうをふりかえって、私も思わず、「あっ!」と叫んでSさんの体にしがみついていました。
私たちがいる場所から、20~30メートル沖のほうで泳いでいた友だちが一人一人、吸いこまれるように、波間に姿を消していくのです。すると、水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくるではありませんか。私とSさんは、ハッと息をのみながらも、その正体をじっと見つめました。
黒いかたまりは、まちがいなく何十人という女の姿です。しかも頭にはぐっしょり水をすいこんだ防空頭巾をかぶり、モンペをはいておりました。夢中で逃げようとする私の足をその手がつかまえたのは、それから一瞬のできごとでした。


(女性自身1963年7月22日号「恐怖の手記シリーズ(3) 私は死霊の手から逃れたが... ある水難事件・被害者の恐ろしい体験」)
一説には遠浅の海岸に発生しやすい「離岸流」という自然現象が事故原因になったのではないかと言われている。中河原海岸は遠浅だが、付近の安濃川から水が流れ込むことによってできた深みが数カ所あった。事故が起きた時間は満潮に近くなっていたため、浅瀬から深みに向かって一気に水が流れたのではないかとも言われている。女生徒が見たのは、戦争のトラウマが見せた幻だったのか、それとも......。
現在も中河原海岸の一帯は泳ぐ人も少ないという。津市役所によると、「中河原海岸は遊泳禁止とはしていませんが、海水浴場という指定もしていないので、あまり人が泳がないエリアとなっています」と話している。