踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

いっそのこと!

日本経済の需給の差を示す2017年の需給ギャップが0.4%となり、リーマン・ショックの起きた08年以来9年ぶりに、需要が供給を上回る「プラス」に転じたことが18日、分かった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」を追い風に、消費や設備投資といった需要の回復が進んだためだ。政府によるデフレ脱却判断の環境が整いつつあり、市場の期待も高まる。

試算は、今月8日に17年10~12月期の国内総生産(GDP)改定値が発表され、全4四半期のデータが出そろったことを踏まえて内閣府が行った。17年の実質GDPは531兆4042億円で、供給力を示す潜在GDPは529兆円程度と推計した。この結果、需給ギャップは16年のマイナス0.3%からプラスに転じた。

需給ギャップは、リーマン・ショックの影響による景気後退で09年にマイナス5.1%と大きく落ち込み、その後もマイナスが続いた。12年12月に第2次安倍政権が発足すると、日銀による大規模な金融緩和策で円安、株高がもたらされて輸出の増加で企業業績が改善し、設備投資や個人消費が回復に向かった。13年以降はマイナス幅が1%未満に縮小していた。

需給ギャップがプラスに転じたことについて、明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは「エポックメーキング(画期的)だ。景気回復が絶好調であることを示している」と評価し、デフレ脱却への道のりが確実になりつつあるとみる。

ただ、潜在GDPの伸び率を示す潜在成長率は少子化などで1.1%と低迷し経済規模の拡大を下押ししている。このため、需要を刺激すると同時に成長戦略などで供給力を強化し、潜在成長率を高める取り組みを急ぐ必要がある。


問題は「試算」という部分である。
森友問題で政府の提出書類というもの自体の信憑性が失われた中で「政府試算」となれば・・・どうせまた改算に捏造と思われても仕方のない事であり、政府で打ち出した数値が信用されなくなれば国の運営自体も危うい事になる。


現代社会はデジタル化され数値により動く部分が多くなる反面、打ち出された数値が偽装数値の際にはとんでもない結末を迎える事態が発生する恐れがある。


一般業界では既に「ロボット」「AI」と進んだ技術が人の職を奪うと懸念されているが、ならば公務員や議員・官僚・閣僚をロボットにしてはどうか?と思う。


国の運営は「法の順守」であり「予算の運営」にあるとしたならば敢えて無能な人間がやる必要もないと思うのです。


株取り引きでは昨今、AIで効率よく収益を上げるらしいですが、計算道理に動かないのが人間の優れた煩悩である。
「諦める」という行動を知らないAIが人間の煩悩に勝てると考えること事態負けである。
どんなに優れたAIでも「〇✖ゲーム」では人に勝つことはできない。
なぜなら答えがないからという事に気付かないところが、幾らAIと言っても機械でしかないということです。
しかし、人は諦めるという行動に出る。
この煩悩の素晴らしさは絶対にAIには負けない部分である。


うわ!下落。

塩野義製薬は1日1回の服用で治療できる新インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」を米国でも使えるよう4月にも現地で申請する。提携先のスイス製薬大手ロシュが2019年にも発売する計画だ。塩野義は売上高に応じたロイヤルティーを受け取る。

手代木功社長が日本経済新聞社の取材で明らかにした。「日本と米国あわせて年間1千億円以上の売り上げを見込んでいる」という。米国では最終段階の臨床試験(治験)を終えている。摂津工場(大阪府摂津市)で生産して輸出する。

ゾフルーザは錠剤で、体内に侵入したウイルスが細胞内で増殖するのを阻害する仕組み。ウイルスが他の細胞に感染するのを防ぎ症状の悪化を抑える「タミフル」などこれまでの治療薬より治療効果が高く、飲む回数も少ない。14日から日本で販売が始まった。

毒性が強い鳥インフルエンザや薬剤耐性ウイルスにも効果が見込まれており、中国などのアジアでも需要が増えそうだ。


本日20日の日本経済新聞にも掲載された「ゾフルーザ」の記事ですが、これだけの効力が期待され発売されているのですが、とてつもない機関売りで株価は日々下落。
365日のマーチではないが「10円上げて30円下げる」状態です。
圧倒的に売りが強く、新規参入やホルダーは唖然状態。


では、空売りは株価に悪影響か?と言えば「そうでもない!」と私は思うのです。
株は「空売りVS空買い」ですので空買いの処分と考えれば特効薬と思うのです。


空買い➡いずれは売り  空売り➡いずれは買い  ですので空買いで株は上がっても高値で売りとなり株価は一気に下落するので、その前に株価の下落により空買いの一掃を図る。なにせ、日歩利が発生する空買いにとって株価の下落は致命的となる。
一日でも早く売り捌き利益率を上げたいのですが、空売りにより株価が下落すれば売り時が、その分遅くなり利益率が日歩利によって悪くなる。


現物(現金買い)の庶民投資ではあまり関係のない事で、庶民投資はハッキリいってどちらが勝とうが株価が上がればよい!
 

なるほど

◇台湾籍の20~40代 関税法違反容疑

北海道警函館中央署などは19日、おわん形に加工した金塊約10.5キロ(時価約5000万円相当)を入れたブラジャーを身につけて台湾から密輸しようとしたとして、台湾籍の20~40代の女3人を関税法違反(無許可輸入未遂)などの容疑で逮捕、送検したと発表した。

逮捕されたのは、会社員の邱淑芬(きゅう・しゅくふん、47)、その娘で会社員の郁婷(いくてい、20)、自営業の張恵瑛(ちょう・けいえい、47)--の3容疑者。逮捕・送検容疑は昨年11月11日、台湾から旅客機で函館空港に到着した際、ブラジャーに計約10.5キロの金塊を隠して日本国内に持ち込もうとしたとしている。道警によると、いずれも容疑を認めている。

函館税関の説明では、3人はそれぞれのブラジャーの上に布を縫い付け、おわん形に加工した金塊(直径11センチ、重さ1.75キロ)2個ずつをパッドのように入れていた。税関の女性職員が通関検査の際に3人の胸が異常に硬いと感じ、再検査して発覚した。

道警によると3人は「金塊を渡すように指示された」「報酬を1人約7万2000円受け取る予定だった」などと供述し、組織的な密輸だった可能性があるとみて捜査している。


毎日新聞2017年12月7日 11時29分(最終更新 12月7日 14時44分)
大阪府警の留置施設にいる40代の女性被告が裁判に出廷する際、ブラジャーの着用を認められなかったのは人権侵害に当たるとして、大阪弁護士会が10月31日付で府警に改善を申し入れたことが分かった。


これは女性特有の事件か?そもそも男にブラジャーなど無縁なものでブラジャーのウンチクを聞かれても答えようはないのですが、即今では男もブラジャーを着衣しているとの話もチラホラと聞こえてくる狂乱のご時世です。


しかし「税関の女性職員が通関検査の際に3人の胸が異常に硬いと感じ、再検査して発覚した。」というが税関士は人の胸を揉むのか?と疑問もある。
男ならば股間を揉むのか?
いや~これはご勘弁願いたい。

呆れる。


13日、経済閣僚の「ぶら下がり会見」の様子を国営中央テレビが生中継した。ロサンゼルス近郊に拠点を置くという「全米テレビ」の記者を名乗る女性が「習近平(シーチンピン)総書記が『一帯一路』構想を唱え、国有企業の海外投資が強まる中で……」など、指導部を持ち上げるような前置きをしながら質問。あまりの冗漫さに、隣にいた中国メディアの女性記者があきれたように顔をしかめたり、白目になったりする姿が映った。
 映像はネットですぐに拡散。あきれ顔が大写しになった女性記者をたしなめる声の一方、「こんな質問には、私たちだって心の中で白目をむいている」などと擁護する声も少なくない。政府高官や著名人の演説シーンにこの女性の表情を合成した映像も出回った。
 さらにネットユーザーが、質問した女性記者が過去に別のメディアを名乗って記者会見に出ていた映像や、「全米テレビ」が番組製作をほとんど行っていないことなどを暴露。「共産党の宣伝用につくられた偽(フェイク)メディアだ」との指摘も出ている。
 全人代の記者会見では政府に批判的な質問が出ず、共産党や政府を賛美したり、記者が自分の経歴をひけらかしたりする前置きをつけることが多い。中国メディアのある記者は「全人代がショー化して庶民の関心が薄れている。やっと自分たちで議論できる話題が出てきた」と皮肉った。

どこの国も大差ないと思うが、「よいしょ!」の神輿担ぎを行う赤いブレザーの女性も凄いが、身の危険を気にもせずに表情で訴える青いブレザーの女性も凄い。


個人的には青いブレザーの女性がタイプです。


安倍政権支持、急低下!

時事通信が9~12日に実施した3月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比9.4ポイント減の39.3%と急落した。不支持率は8.5ポイント増の40.4%だった。支持が3割台だったのも、不支持が支持を上回ったのも、昨年10月以来5カ月ぶり。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題が政権への打撃となったとみられる。
 文書改ざんに反発する野党は、麻生太郎副総理兼財務相の辞任を迫るなど攻勢を強めており、政権は当面守勢を強いられることになる。安倍晋三首相が目指す憲法改正の国会論議や、今秋の自民党総裁選での首相の3選戦略に影響が及ぶのは必至だ。
 内閣支持率を年代別に見ると、10~40代で支持が不支持より高い一方、50代以上では不支持が軒並み上回り、高齢層での「安倍離れ」が目立った。男女別では、男性が支持42.1%、不支持40.7%、女性は支持36.3%、不支持40.2%だった。
◇「信頼できない」急増
内閣を支持する理由(複数回答)は多い順に「他に適当な人がいない」19.4%、「首相を信頼する」8.8%、「リーダーシップがある」8.3%。一方、支持しない理由は、「首相を信頼できない」が8.8ポイント増の25.2%と最多で、「期待が持てない」17.3%、「政策が駄目」14.1%などが続いた。


だいぶ安倍政権の支持率が低下しております。
政権支持率低下に悩む人笑う人の人間模様も様々であり、次の政権を狙う人にとっては格好のチャンス到来であり現職にとっとては必死に守り通したい。
しかし、このような官僚・閣僚・政治家の思考に国民が取り入れられているのか?が疑問であり恐らく国民に関しては無関心思考で、目指すは個人の既得権の維持と利権の確保
更には派閥勢力及び権力拡大により党派の財源確保ではないか?


しかし、これでは誰が首相になっても同じであり日本の進展など無理である。
ならばいっそのこと現職の安倍総理に改心頂き、これまでの反省とこれからの新政権発足で今までにない日本を創作したほうが効率的ではないか?と考える。
少なくとも
「やかましいなあ」
 麻生太郎副総理兼財務相がいら立ちをあらわにしている。16日の参院予算委員会で答弁中、浴びたやじに対し、ドスのきいた声で言い返す場面もあった。

やじもやじだが対応した言葉も言葉であり、これでは国会を運営するために税金を払っている国民がバカらしくなる。
税金の有効活用が求められている今、一度厳正に精査し改善が求めれれているのでは?


そして、国民も安倍政権により日本の経済がどれだけ成長し安定しようとしていたのか?はネットで調べてもらえればご理解は頂けると思う。
一つの失敗によりその人の人格全てを否定するよりも反省と改善により成長と発展を目指すことが国益に繋がると思うのは私だけか?