踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

考える事、悩む事、行動する事。
知性と理性と教養をもってしても勝ち続ける事は困難であるが、株投資に挑戦し言い訳のない結果主義に挑戦する。
注目するのは庶民の味方「低位株」です。大化けと高騰に期待して、これからも挑戦です。
人生を共に歩んできた妻との夫婦関係もチラリと書き込んであります。

天皇賞 秋

気楽に投票すると皮肉にも的中するのが競馬。
新聞を買ってあ~だとこうだと試行錯誤。
PCでの情報収集にと予想ありきで奔走の結末は定番のハズレとなる。


お~Pc起動不能

ついにPCが起動不能に陥った。電源を入れてもモニターに「入力信号がありません。」と表示されて以降何も作動しない状態が続くのです。
PCも進化し今ではウインドウズも10となり技術の進化も素晴らしい中で、私のPCは7と今ではガラケー以下の骨董品化しつつも愛着もあることから修理を試みる。しかし、これが不幸の始まり・・・・何とか安く修理をしたい私はネットで安く修理ができる店を検検索・・・その結果「トラブル・修理どんな症状でも4980円均一」を見つけラッキーと思いさっそくメールで修理依頼。その会社いわく経費削減によりお客様に更なるサービス向上に努めたくコールセンターを設置いたしておりませんのでメールにて対応させていただいておりますという素晴らしい名文句。これならば信頼できると思い早速修理をお願いするべくメールで修理以来をする。秒殺で返信が送られてきたのでメール指示に従いPCを送る準備に取り掛かるも、やはり電話番号がないことが気になる?メールで問い合わせると「電話対応は有料とのこと」・・・電話対応有料?気になりPCにて検索。
すると・・・・悪徳業者だ!詐欺業者!という悪評だらけの書き込み。PCを送ると修理代金と銘打って次から次へと加算され請求が来る。支払いがないと送ったPCはt手元には帰らない、さらには支払いには期限があり期限ないに支払わないとPCの保管料がさらに追加請求され最終的には支払いがないと所有権放棄とされ廃棄されるという悲惨な結末が待ち受けているという書き込み。
お~危ない・・・まさか私が詐欺に引っかかるとは?
生きた情報は人を守るんだと痛感。

同一労働同一賃金

東京高裁は原告の訴えを認めた一審判決を取り消し、横浜に本社のある長澤運輸に勝訴のの判決を下した。


定年が迫る私にとっては、大変興味深く関心もあり今後の展開を気にしておりましたので個人的には大変残念な結果と思えるのですが、内容的には手ごたえありと感じております。


今回の訴えを裁判までもっていく間の支援やサポートを組合が行ったということに関して思うところがあったからです。
残念ながら私の勤務する会社の労働組合は会社の支配下にあり、組合幹部は組合退任後は会社で管理職POSTに就けることが旨味となり会社側の要望は全て丸呑み状態。
組合が参加する運営協議会でも社長以下同文であり全てが「御意」で可決する。
逆らう者や意見する者は翌月の会議にはなぜかいなくなり、下手をすればその人は会社からも抹殺されるという北朝鮮方式。
規則と処罰だけで運営され個人の優れた能力と才能は必要とされない。
出世の必要アイテムは「お気に入り」であるから困りものです。
組合員の意見を会社に強く述べ、労働諸条件の改善を迫る。そのためにも「持株会」を結成し組合が株主として会社側と交渉する?実は持株会資金で株価調整?のための資金提供との噂も・・・


ではなぜ、このような組合や企業体質になったか?色んな理由はありますが一つとして考えられるのが「無関心」です。
従業員が無関心な間に「姑息な手法で、卑怯者」が王道を歩ける環境を作り上げたという事は間違いない事実。


話は戻りますが、今回の判決に胸をなでおろしているのは私が勤務しているような組合役員ではないかと?一審判決に基づき組合員が騒ぐことは会社に楯突くことにもなり、そうなれば今まで努力?してきたゴマスリが吹き飛ぶ可能性もありである。
無能な人間は「事なかれ主義」でありひっそりと確実に個人の利益追求を行うのです。


労働者はもっと組合に関心を持ち自分の生活を一任できる人を選出しなければいけないという事を切に訴えたいのです。



不届き者現る。

ネットの書き込みのある「不法侵入・違法侵入」。他人のサイトや各種情報を盗み取る事態が横行している中で私が利用しているラインからメールが届いた。
AM2:00にあなたのIDにPCよりアクセスがあり失敗しました・・・とエ~
確かにこんな時間帯に心当たりはないと、いうことは不正侵入者がアクセスしてきたということになる。幸いにもパスワードが解析できなかったのか?侵入は防げましたがIDはバレタということです。
他人のPCに侵入したり、サイトに違法に侵入できる技術は違法とは言え凄いと感心する次第です。(本当はこのようなことに感心してはいけないのでしょうが?)
優れた技術と頭脳をもう少し違った方面に活用し社会の役に立つことを考える力があったならば今より違った人生観と幸せを手にすることができたと思うのです。


とは言え今の日本では無理かもと思う面もある。
官僚・閣僚・政治家の不始末には呆れる次第です。政務活動費の乱用で今後どれくらいの政治家が辞任に追い込まれるのか?
政務活動費=個人資産という思考回路が成立しているのか?と思うほどに呆れる始末。
政務活動費の原資は税金だということを忘れた公僕は引退すべきであり、人として恥ずかしい生き方をすべきではないと思うのです。

なんとなく判ってきたぞ!


にほんブログ村

今更ながらですが、このブログの使い方がようやく少しずつではありますが理解できてきました。(ウ~ン流石オヤジというなかれ何時かは誰もが通る道)
と言うことでブログの下部に表示されたブログ村のバナー・・・いつもなら書き込みに関係なく「新規公開株」のバナーでしたがこれを「ブログ村」のバナーに変更とオヤジにとってはハイスペックのブログに対応できたこの喜び・・・ウン感無量。


しかし、PCの具合が悪い・・・私同様であるがウインドウズ7ということで私同様に時代遅れの部分は十分理解できるが、四捨五入で還暦の私が頑張っているのだから君も頑張れとPC君を応援するがイマイチです。
昭和世代のオヤジにとって物をすぐに入れ替える気はないのです。「もったいない」という気持ちが先行してウ~ンとうめきながらもフリーズに立ち向かう?
暇なんかい?と思われてもダウンしたPCに何度も再起動で同じ文面を打ち込む。
お金を使い消費することにより快適な生活と時間を簡単に手にすることができる現代。
しかし、貧富の差が開くことにより快適という物事を手にできる人間は限られた人になり、その枠からはみ出た人は貧困と呼ばれ苦労が伴う生活者となるというが本当だろうか?
人の価値観は違い「なにを持って幸せとするか?」は個人で決めるものである。
だとするならば、他人の視線を気にして生きることが一番不幸なのかも知れません。
「人は人として人の道から外れなければ、必ず幸せになれる。」と私は今日まで信じて生きてきた。お金も名誉も地位もない私ですが結構幸せです。


書き込みがだいぶズレましたが、オヤジになっても新しい物事に挑戦し続けるパワーが幸せの源かも?挑戦こそが生きがいであり励みとするならば老いても現役ということでPCよ頑張れ!