踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

投資の一秒後は闇という事です。

2017年(1-12月)の「太陽光関連事業者」倒産が過去最多を更新した。 倒産件数は88件(前年比35.4%増)で、調査を開始した2000年以降で最多だった2016年の65件を大きく上回った。 過去最多の更新は3年連続で、太陽光関連業界の落ち込みを示す結果となった。 負債総額は285億1700万円(同17.6%増)で、4年連続で前年を上回った。 負債総額は2015年に200億円台に乗せたが、2017年は負債10億円以上の倒産が6件(前年3件)と倍増し膨らんだ。
上半期(1-6月)だけで47件(前年同期比56.6%増)発生し、2015年の年間件数(54件)に迫る水準となった。 下半期(7-12月)は41件(同17.1%増)で、上半期よりペースは若干鈍化したが、前年同期を上回っており、通年で増勢をたどった。
2012年7月に再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買い取り制度(FIT)が導入され、太陽光関連市場は急速に拡大した。 しかし、市場参入が相次ぎ、事業者の乱立や度重なる買い取り価格の引き下げなどで状況が一変。 さらに太陽光以外の再生可能エネルギーへの緩やかな政策誘導も追い打ちをかけ、関連事業者を巻き込み淘汰が進んでいる。


太陽光発電に投資した個人起業家の金銭的苦労が見え隠れする記事である。
投資金額が大きければ回収メリットも当然大きいが背負うリスクはそれ以上であり、投資で考えればメリットとリスクは常にリスクの方が大きいと考える。
太陽光発電に関連する企業が暗礁に乗り上げれば、その企業の株価も下がり投資家も負の余波を受けることになる。
国策的エコ発電推進で進めた太陽光発電がこのようなことになることを誰が予想できた?
投資は個人責任とは言うが「煽ったひとの責任は?」と言えば角が立つことも事実である。

宿泊はラブホ?

新年早々ではありますが、昨年末よりレカム株の急上昇により財布の中身が日ごとに厚くなる。しばらくの間はお金の心配は不要かと?思えるほどにゆとりが生まれる。
さて、そうなると遊びたくなるのが男心となるが私的な遊びとは「妻との旅行」となる。
しかし、この旅行も遊び心の旅行となると宿泊はホテルや旅館ではなく凝ったラブホとなるのです。
食事は外で好きなものを食べた後、最近のラブホは持ち込みOKでカラオケありゲームありと至れり尽くせりで、更にはコスプレ衣装の貸し出しまでしてくれる最高に大人の遊びが楽しめるのです。
部屋もSMルームからバリエーションがり木馬から何まで品ぞろえ豊富で楽しいのです。
私が好んで利用する部屋のイメージはソープランド系です。
そんなにソープが好きですか?ではなく、ソープへ行く時間もない私にとってせめてものご褒美が妻のソープ嬢でソープランド気分を楽しむということです。
もっとも「女遊びに使う時間も、妻以外の女性に興味のない私です。」
俗に言う「一穴主義」で、時間と家庭を円満に動かすには、これが一番かと思っております。
年も年ですので、たるんだお腹と胸は仕方がないとしても白いものが目立ち始めたアンダーヘアーは勿論、全て剃毛してツルツル状態。
お互い年と共に体の衰えは隠すこともできずに笑ってしまうが、気分は常に真っ盛りの高校時代、激しさこそ薄れるが心と体の繋がりは深くなる。

アジア開発(株)キャピタル

9318 アジア開発(株)キャピタルに関して
このアジア開発キャピタル(以後 アジア開発)を調べていると サンフンカイ という企業名が出てきますが、ここで注意が必要なのは サンフンカイ とは?


サンフンカイ証券 (英文社名:SUN HUNG KAI & CO. LIMITED/略称:SHK、中文社名:新鴻基有限公司、SEHK: 0086)は、中華人民共和国 ・香港を拠点とするコングロマリット。 現在、Allied Groupグループ傘下の多国籍企業で、サンフンカイ プロパティーズ(新鴻基地產發展有限公司、香港証券コード 0016)とは資本関係、人的関係が全くない別の会社である。


サンフンカイ という企業は二つあるということです。
サンフンカイ証券とサンフンカイ・プロパティーズの二つです。
そして、更にこの2社に関しては資本・人為的関連が何もない全く別企業だという事です。


ともすれば、アジア開発に関連のあるサンフンカイと記載されている部分でサンフンカイプロパティーズと誤解されてプロパティーズの膨大な資産をバックに躍進?と思ったら大間違いということです。

しかしながら個人的には成長にかなり期待ができると確信しております。
アジア開発関連のウェーブには既にアジア開発の今後の見通しとしての事業展開が数多く書き込まれ公開されておりますので、この場で私が記載する必要もないと思いますので省略致します。
ただ、この企業成長も時間を掛けての成長となると思いますので長期投資の3年くらいは必要かと思っております。

株価に関しては只今12円と低位株らしく実にお手頃値段で買い求めやすい部分もありますが、その分1株当たりで株差益も厳しいので取得株数で利益を出すと考えれば投資金もそれなりとなる。

来週以降の展開としては現在は注目?されているので株価は日経平均上昇のイケイケもあり安定していますが、決算は赤字で終わるのでは?と予想しております。

追い打ちをかけるように近くオープンするジャパンフードタウン事業に伴う株価の揺さぶりも想定できる。


結果として私は購入株価を8円で設定し購入する計画で3~4年後の売却値段は400円と想定しております。
1株当たり392円の利益で×取得株数 及びニーサで購入ですので全額非課税。
1億円以上の利益でも非課税であれば実に楽しい定年後生活であると夢を見ています。

初心に返る。

大引けの日経平均は前日比208.20円高の23714.53円となった。


昨日も続伸の日経平均、個人的には魔の金曜売り・利確売りと思っていたのですが、それとは裏腹に200円以上の積み上げに正直ビックリです。


当初は固定電池に的を絞って時代の波に乗り遅れまいと思い、全固体電池株を物色していたのですが頭の中にモヤモヤが立ち込めるのです。
「何か違う・・・」と・・・
私が思っている株投資路線からズレ始めているのでは?と思い始めるのです。
では、私の描く株投資路線とは何か?と自分に問いかけ今一度初心を振り返る・・・
そこに答えがあったのです。
それは「ハイリスク・ハイリターン」私ももう少し若く働ける時間があるならば順当路線の国策株や時代の波に乗った株式投資となるのですが、なにせ歳なもので残り少ない労働期間で老後の生活資金を捻出しなければならない。
ならば、失敗を恐れずにハイリスク・ハイリターン株式投資とすべきである。
博打の原則は「腰が引けたら負け」である。


そこで注目したのは9318アジア開発キャピタルです。
現在は12円程度の超低株ですが、この価格には訳があるのです。
その説明は後日改めて説明するとして、今日は会社の新年会ですので
これから出かけます。


遅れていませんか?

このような画像を掲載すると、AVだ~アダルトだ~削除だ~通報だ~と騒ぐ輩が必ずや出没する。


コンビニでも成人雑誌の販売を自粛する時代に、なんたる不謹慎と大声を張り上げる男無縁・女無縁の方も居られるのでは?と気がかりにはなるが、海外の高級下着メーカーの宣伝広告が目につき始めたのは近頃の事。

各トップページに広告が掲載されています。

実に派手な色彩と下着の形状です。

モデルさんの肌の露出も際どい部分まで露出しており、セクシーであり美しい。

撮影にも拘りがあると思える写真完成度の高さ。

全てにおいて完璧であると思える画像広告。


これでは日本の下着メーカーがいくら商品開発に力を入れても販売広告では完全に海外に白旗状態であり勝ち目はないと思える。

日本人はなぜ「ヌード」に異常反応するのか?ヌードを拒絶するのか?

性を否定することが道徳の向上とでも思っているのか?疑いたくもなる。

今一度、美術や芸術として性の描写の開放について考える時では?


更には、下着メーカーのように女性の肌の露出が高くなる広告に関しての議論も今後の課題となる。

性の描写は必ずしも下品であり、お下劣ではないという事の理解が求められているのではと思う。