踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

残すところ2日

6月末の終値2万2304.51円を超えられるか?
日経平均株価の7月末終値に兜町が注目している。27日の終値は、前日比125.88円高の2万2712.75円。
残り2営業日で「6月末超」をキープできれば、年末に向けて株高が期待できそうなまことしやかなジンクスがある。


「今年の日経平均の最高値は、唯一2万4000円超で引けた1月23日の2万4124.15円です。
東証69年の歴史の中で、6月まで(年前半)に1月の高値を超えられなかった年は10回。7月以降(年後半)に巻き返せるかは、7月末の終値によって決まるというジンクスがあります」


1月高値未更新の10回のうち、7月末終値が6月末終値を上回ったのは、1965年、73年、95年、2014年、16年の5回。そのうち、4回は7~12月に高値を更新し、年間相場も上昇に転じている。一方、7月末終値が6月末比マイナスで、年間相場が上昇したのは1回しかない。つまり、過去のデータをみると、年前半が低迷でも「7月よければ終わりヨシ」と、かなりの確率で言えるのである。


では、アノマリーでは?と言えば
 「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走る、卯は跳ねる」
今年は戌年ですので、「笑う」年。過去の実績を見てみると、1950年以降の戌年は5度ありました。
1958年:騰落率 40.3%
1970年:騰落率▲17.3%
1982年:騰落率 03.9%
1994年:騰落率 13.5%
2005年:騰落率 05.3%



23,700円を超えて24,000円を超えことができるのか?


大人にならなければ・・・・

人は人生において何度、暗礁に乗り上げるのでしょう?
私の人生もしかり・・・これで何度目の暗礁なのか?
これで人生の座礁となり沈没するのか?


妻はポツリと言う・・・・次は平穏な人生がいいな・・・と


私:それは違う・・・こんな俺だか好きになったんだろう?


妻:この先の事を考えると不安で・・・
  考えても仕方ないと判っていても考えるから・・・


私:守るべきものがあるから失う恐怖がある
  失うものがなければ、その恐怖はないが同時に生きている意味もない。


高校生の頃からの恋愛が縁で、二十歳で結婚し現在は50代後半・・・


子供たちも成人し独り立ちをして、楽な人生と定年を楽しみに生きてきたのですが、
人生はそんなに甘くない。


生きる事の不安と生きていくことへの不満・・・


欲を言えばきりがない・・・
私の最大の欲は「妻と生きる事」


私の理想の夫婦は中尾ご夫妻です。
実に素晴らしいご夫婦です。


見つめ合う事よりも、同じ方向を見る事を大切にする。
名言です。


私も妻を見て、これからも生きていこう


私の悪い癖・・・とにかく権力者を嫌うのです。
貧乏育ちの私にとって「地位・財力・権力」により貧乏な私は蔑まれ生きてきたのです。
だから、権力者には異常に楯突く・・・
これが出世の道を拒んだことは理解してます・・・
未だにこの年で平社員で下積み生活です
出世に縁がないのか?能力がないのか?出世欲がないのか?


早い話・・・未だにガキなんです。


私の財産は生涯「妻」・・・最高です。





意外なところで・・・

江蘇省連雲港市で、女性が自宅で食事を作ろうとエビを洗っていた際に尾の部分のとげを指に刺したことが原因で感染症にかかり、治療開始から10日後に死亡する事例が発生した。
江蘇省メディアの揚子晩報は25日、同省連雲港市で最近になり、女性が自宅で食事を作ろうとエビを洗っていた際に尾の部分のとげを指に刺したことが原因で感染症にかかり死亡する事例が発生したと伝えた。
女性は60代で、自宅でエビを洗っていた際に尾の部分のとげが右手中指に刺さった。やや痛みを感じたが大したことはないと思い、そのまま調理を続けた。次の日になり、右手中指が腫れて痛みも強くなったが、女性はまだ気にしていなかった。さらに2日後に両足が腫れて皮膚の下の広い面積に水膨れや内出血によるあざができた。発熱もひどかったという。
女性は家族の勧めで雲港市第一人民医院(病院)で診察を受けたが、その時点で感染症のショック状態になっており、臓器の多数が機能不全になっていると分かった。女性はただちに集中治療室に収容されることになった。同病院は外部の専門医師も招いて治療方針についての会議を開いた。会議では女性はビブリオ・バルニフィカスに感染したとみられるとの意見が了承された。女性は同病院で手厚い治療を受けたが10日後に死亡した。

ビブリオ・バルニフィカスは夏季に沿岸の海水中にいる細菌です。肝臓疾患、免疫力の低下などの基礎疾患のある方あるいは貧血の治療で鉄剤を内服中の方などがこの菌に汚染された魚介類の生食を介して感染すると重篤な症状を起こすことがあります。また、手足の傷から菌が侵入して感染することも知られています。ビブリオ・バルニフィカスが血液に入って全身に感染した場合の致命率は50~70%と高く、恐ろしい感染症です。


このように予想もできない事例がありますので、海産物の調理時は細心の注意が必要です。
そして万が一、事例のように貝やカニ・エビ等で怪我をされた際には迷う事なく医師に診てもらうことを薦めます。

こんな日本に誰がした!

人手不足の状況を根本的に打開するには?
このところ人手不足による倒産が増えている。日本は未曾有の人手不足時代に入っており、労働者の不足から供給制限がかかる可能性は以前から指摘されていた。
やっかいなのは、景気がよい状態で人手不足になっているわけではなく、もともと経済の基礎体力が低下しているところに人手不足が重なっていることだ。今後、人手不足による供給制限はジワジワと日本経済を蝕む可能性がある。

もはや高齢者しか残っていない
帝国データの調査によると、2018年上半期の人手不足による倒産件数は70件と前年同期比で42.9%の増加となった。件数が前年同期を上回るのは3年連続で、初めて年間100件を突破した昨年を上回るペースとなっている。人手不足で倒産する企業が急増しているのは間違いない。
業種別の分類では、サービス業がもっとも多く、次いで建設業、運輸、通信業の順となっている。過去5年の累計でも建設業とサービス業が多い。
具体的には、運送会社でドライバーが確保できず、新規受注が滞って資金繰りが悪化したケースや介護施設でスタッフが集まらず業務が遂行できなくなったケース、IT企業でエンジニアが離職したことで納期が遅延したケースなどがあった。
説明するまでもないことだが、日本経済は従来、経験したことのないレベルの人手不足に陥っている。
日本の総人口はこれまで横ばいで推移しており、本当に人口が減り始めるのはこれからである。だが人口減少と少子高齢化は不可分の現象であり、総人口の減少に先んじて高齢化が進んできた。これが現在の人手不足を引き起こしている主な要因である。
過去15年間で34歳以下の人口は約22%減少したが、60歳以上の人口は43%も増加した。外食産業や小売店、運送会社などは若い労働者を欲しがるので、こうした業界では極端な人手不足となっている。ただ、若年層の労働力はほぼ確保し切った状況となっており、現在は、体力が必要な仕事であっても高齢者が次々と就業している状況だ。
ある企業では、20代から30代の若手を想定して、軽作業を行うパート社員を募集したところ、応募してきた候補者のほとんどが60歳以上だったという。働く意思のある人の多くはすでに働きに出ている可能性が高い。


今更このような文言を書き並べて何の意味があるのか?
労働力不足と言いながらもAIによる失業やらロボットによる産業革命とか?
株式市場で言えば北朝鮮問題を「地政学リスク」という言葉で市場の動揺を招いただけの愚かな狂言師による世迷言である。


労働不足の解消など簡単に解決できるはずではないか?
魅力ある職場と環境を整備すればよい事で、観光地同様に人が集まる環境を整備すればよい。
企業は人で持つという基本的理念と社員は財産と言う基本的信念が求められている。
これを求めているのは労働者側であり、この期待にどれだけ経営者側が答えるのか?で企業の存続が決まる事であり
ただ残念なことは、間違った思考回路の政治家と経営者のがタッグを組んで税金投入で企業の再建を図り、責任の所在と引責が問題にならない事態が昨今、多発傾向にある。


東電や東芝問題で考えれば一般企業であれば既に廃業ではないか?
森・加計問題しかりで、これほどまでに税金が投入され関わった人間も逃げ切り?状態。
国会討論はじめ裁判となればこれだけでも税金の投入は計り知れない。


こんな日本で若者に期待と夢を?無理でしょう!
安心して子育て?育児?無理でしょう。
一生懸命、身を粉にして働いた僅かな給与から天引きで税金が引かれる・・・
その税金は何処へ?誰のところへ?


こんな日本に誰がした!



ショッカーでダイエット

美尻トレーナーの岡部友(32)がプロデュースする美尻ショー「Fitness Angel 2018」が25日、都内で行われ、モデルでトレーナーのアミン・カレダ(27)がMVPに選ばれた。昨年に続き2連覇。
グラマラスなヒップは、腰に80キロの重りをつけて上下運動し鍛えたという。


綺麗な女性も美しさを保つ為にはやはり努力をしているということですな~
まぁ~私の妻も今から数十年前はダイエットに美容院へと通い随分とお金を使いながら美を追求したものですが、三人の子供に恵まれて生活に追われてからというものは
美の追求から生存の追求へと変貌し、随分とたくましく変貌しました。


その妻も子育てが終わり、再び美の追求を行うようですが
今日まで体にまとわりついた体脂肪も「ハイ、そうですか」と言って離れてもくれないほどに深く長い付き合いだそうです。


そこで、ショッカーに改造を依頼してみては?と提案


いいかも?