踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

暑い夏に思う事は?

8月に入りお盆も近づくこの時期に、いつも思うのは終戦記念と日本で起きた今でも私の中で未解決な事件


1946年(昭和21年)5月3日、東京。
元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った。
そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にした…
「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」
その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意した…
私たち日本人は、小さい頃から「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」「日本は残虐な悪い国だ」ということを新聞でも、テレビでも繰り返し教わってきました。しかし今から数年前、我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは真逆とも言える証言が、47年公開を禁じられたフーヴァー元大統領の回顧録から次々と浮かび上がりました。


数多くの尊い命が奪われ悲惨な思いをした太平洋戦争
今更、この戦争の記録を紐解いても失われた時間と命は戻らないのですが、同じ過ちを二度と繰り返さない、繰り返すことのない日本であり世界であるために記録を辿り真実を明らかにして後世に語り継ぎ記録を残すことが大切であると思うのです。


そして、私の中で未だ未解決な事件は「日航機墜落事故」
これは、本当に事故だったのか?
調べれば調べるほどに疑問が湧いてくる
私と同様に、この日航機墜落事故を疑問視するサイトもいくつかあり
読めば読むほどに疑問が湧いてくる。


JAL123便墜落事故-真相を追う-31年目の真実 - (新) 日本の黒い霧


今の日本の本当に治安とは?
ロシアや中国・北朝鮮のように国家機密ほどの為ならば・・・・
まるで映画の実写版のようである。


国が国民の命を奪う?
そのような国にしないためにも真相の究明は必要です。

結局のところ?

家具屋姫と謳われた久美子社長・・・
親子喧嘩の末に得た物は?


提携交渉のハードルとなっているのが、赤字が続く大塚家具の業績だ。17年12月期には単独の最終赤字が過去最大の72億円に膨らんだ。18年1~3月期は、最終黒字は確保したものの、営業損益は14億円の赤字だった。父・勝久氏が作った会員制を軸にしたビジネスモデルをやめて、気軽に立ち寄れる店を目指して、改革を進めてきたが、ニトリなどライバルとの競争も激しく、なかなか結果を出せていない。

久美子社長も手をこまぬいているわけではなく、経営効率化に向けてリストラを急いでいる。創業の地の「春日部ショールーム」(埼玉県春日部市)を5月に閉店、6月には旗艦店の「有明本社ショールーム」(東京・江東)も縮小した。18年12月期は3期ぶりの黒字転換を見込んでいるが、売り上げの減少に歯止めがかかっておらず、固定費カットが追いつかなくなる懸念がある。

業績不振で財務内容も悪化した。銀行借り入れはなく無借金を貫いているが、保有する現預金の減少が続く。16年12月末に38億円あった現金及び預金は1年後の17年12月末には18億円になった。15年12月末に109億円あったことを考えれば、大きく減少したことは明らかだ。


結果的に泣くのは従業員か?
親子という立場よりも一企業に携わる経営者という観点が双方にあればこのような事態に進展することもなかったのでは?


そして、双方がもう少し賢ければこのような損失も発生しなかったのでは?
ニトリに挑戦しニトリに笑われるような事態になる。


天は二物を与えず
美貌と才能は与えずとは・・・酷なことをしたものです。

なんと愚かな?

金融庁は7月31日、日本国債の先物取引で相場操縦をしたとして三菱UFJモルガン証券に対し2億1837万円の課徴金納付命令を出していたことがわかりました。
デリバティブに関する課徴金では過去最高額とのことです。
報道などによりますと、三菱UFJモルガン証券のディーラーが2017年8月に長期国債の先物取引で相場操縦を行い158万円の利益を上げていたとのことです。実際には取引意思が無いにもかかわらず大量の売買注文を出して取引が活況であるように見せかけ価格を操作する、いわゆる「見せ玉」と呼ばれる方法を取っていたとされます。国債相場の低迷で出た損失の穴埋めを目的としていたとのことです。これにより国債取引の特別資格も停止されており、証券取引等監視委員会から課徴金納付命令の勧告が出されておりました。


なんと愚かな?これがプロの金融機関のやることとでしょうか?
158万円の利益に対して2億1837万円の課徴金納付命令では割が合わないのでは?


それだけ日本の市場が海外投資家にバカにされているという事でもある。
なぜ、日本の株式市場は25,000円を超えることができないか?
考えれば簡単に答えは出るのですが、この答えが実に厄介であるから公にならない。


東証にしても施設の維持管理費や人件費の捻出が大変であり、その維持経費たるや莫大なもので、その経費が市場での株の取引きで賄われているのであれば海外投資家は上お得意様でありお得意様に盾を突くことなど在り得ない。
しかしながら、昨今のアマチュアボクシングや日大問題と同様であり、やっと市場が動き出したのかも知れません。
不正が蔓延る環境に健全な取引など存在しない、大樹に頼る経営から個を大切にする経営にシフトする時期かも知れません。
そうでなければ、私のような弱小個人は生き残ることができません。

三洋電機

誰が診ても暴落に三洋電機株
5月16日に10,360円を付けたの急降下?
8月には6,000円台へと落ち込み・・・・
僅か3ヵ月で100株で40万円の損失とは・・・で、業績は?

と言えば7月27日発表では絶好調の業績です。
ではなぜ株価が急落?急降下?
これが株なんです。
企業や業績ではなくマネーゲーム的な動きをする。


6,280円を底値と判断して100株購入。
今後の動きに期待です。

老眼に近眼

若い頃は近眼でしたが50半ばを過ぎると老眼です。
近眼と老眼のWパンチで困り果てていました。


ブログを打ち込んでいても誤字脱字に気付くこともなく送信してしまう。
後で読み返し、間違いに気づく事もシバシバありました。


細かい文字を読んでいると疲れる・・・というように年をとると、まずは視力から日常生活に支障をきたすようです。


そこで眼鏡店で単焦点のハイスペックセットの眼鏡を購入。


実にすばらしい~
手元がスッキリ・ハッキリと見えますよ・・・ただ、残念なことに手元専用ですので遠くを見るとボケますが手元はシッカリと確認できます。


多焦点ですと少しピントが浮くような感じですので、私は単焦点で購入。


ハズキルーペも売っていたの掛けて見たところ、これも凄くいい感じです。
次はハズキルーペを買おうか検討中です。