踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

先週までの動き。

今週のチャートの動きから来週の動きを見たみたい。
指標から診れば出来高は600万株のできで大きく動いたようにも見えるが、発行株数が1500万程度ですので割合からすれば600万株の出来は大きいという事になる。


新興株の値動きが激しいのは株の発行部数が東証一部に比べて著しく少ないという点が有利でもあり歩利でもある。
要するに変動が大きく上がりも大きければ、下がりも大きいいということです。


3845で気にしているのは信用買いが100万株を既にオーバーしている点です。
以前保有していたレカム株もそうでした。
異常なまでの信用買い・・・不安に感じていたのですが、その不安は見事に的中!
レカム社長から「現時点での当社の株価は高すぎる発言!」
この発言により大きく株は売られ大幅に株価は下落・・・
株価が下落すれば青くなるのは「個人の信用買い」・・・
一気の信用買い処分で軽くなる株価・・・そこを一気に仕手が買い漁り見事に株価は急上昇。
急上昇し利益が出たならば、今度は一気の叩き売りで仕掛けた仕手だけがば莫大な利益を得る。
ですのでこのような株を保持する際には逆指値を指すことを薦めます。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。