踊る相場線

現在、低位株を中心とした株投資で老後の生活貯蓄を目論み中。欲をかくことなく堅実に利殖が出来ればいいかな?程度の素人株投資です。
株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

タイムリミット近い。

アメリカ・ファーストを掲げ、TPPなど前政権から引き継いだアジェンダを捨て、最近では各国に追加関税を課すという大胆な行動に出ているトランプ大統領。それとは対照的に、世界では多国間自由貿易協定が次々と結ばれている。このままでは世界の流れから外れ、中国との貿易戦争にも負けてしまうと、孤立するアメリカに識者が警鐘を鳴らしている。
トランプ政権が中国に貿易戦争を挑み、長年の同盟国であるカナダやEUとの関係を取り繕っているうちに、他の国々は着々と自由貿易協定(FTA)締結に動いている。
EUは、世界経済の3分の1近くをカバーする、これまでで最大の貿易協定を日本と結んだ。また、トランプ氏によってアメリカが脱退した後のTPPは、TPP11として出発し、さらなるメンバーを加えるための交渉も始まっている。メキシコや韓国はラテンアメリカの貿易圏である太平洋同盟への参加に興味を示し、南米の関税同盟メルコスールは、EUとのFTA締結まであと一歩というところまで来ている。


やはりもの事には「限度と限り」があるものです。
アメリカファーストを目論んだトランプ大統領であるが、中国のみならず世界各国に貿易摩擦を理由に関税で圧力をかけてきたが、もはやそれも限界であり世界はFTA締結に動いている。
この動きが更に加速し活性化すればアメリカ国民から老害大統領と非難されることも時間の問題であり、これを声にして笑うのが北朝鮮に中国・ロシアとなる。


では、日本は?となる。
つい先日ではあるが日経平均が23000円台を回復し日本経済の成長が注目される内容であるところまで来ているのであるが、今一つの冴えがない。
これは、近々発表される「安倍政権の続投?」という事に付け加え、安倍続投に伴う消費税の行方である。
この消費税率UPが見送りとなれば一気の株価高騰も夢ではい。


日本全土を襲った自然災害に対してここは是非とも消費税UPを見送って頂き、日本経済の持ち直し後ではなく被災地の復興後とすべきである。


安倍首相が増税可否を判断した時期を振り返ると、14年4月の消費税率8%への引き上げ時は13年10月に引き上げを閣議決定しており、増税が予定される前年の夏~秋ということになる。来年10月の10%への引き上げの可否も、そろそろ首相の口から発表されてもおかしくない時期に差し掛かっている。




健康診断の結果

世間様は三連休ですか~

世間様とは縁のない私には連休すらないのです。


本日、自宅に帰還は致しましたが明日には仕事に出かける・・・
自宅で休めるのも数十時間程度のハードスケジュール・・・
自宅に帰宅したら娘と孫が遊びに来ていた・・・


今年2歳の孫娘が片言の言葉で「ジジ~」と呼んでくれるのです。
私の口癖で「犠牲者は少ない方がBEST」


家族と孫たちが笑顔で暮らせる生活が維持できるならば私も頑張ります!
でも、もう少しで還暦ですよ・・・


そういえば、先日受診した健康診断の結果が届いていた・・・
診断結果は・・・なんとA


血圧及び血糖値、すべて異常なし!
血圧は75~110と薬も飲用しないでこの数値には最後の問診医師も驚きのようでした。


この結果を見た妻は「ウンウン70歳まで頑張れるね?」
オイオイ冗談ではない。


明日も午後から弁護士と面談です。
先日、書き込んだ会社と抗争とは別件ですが・・・
最近の弁護士も休日対応があるので助かります。


逮捕されればとりあえずは「当番弁護士」さんですが、この当番弁護士さん逮捕された際に呼んでも無料だという事を御存じの方は少ない。
と言うか?一般の人は逮捕はされないのですよね。

リーマンショックから10年


早いものであのリーマンショックから10年と言う歳月が過ぎようとしています。
2008年9月15日。マーケットが予期していなかった米大手金融機関「リーマン・ブラザーズ」の破綻で株価は暴落。世界金融危機に突入しました。
この10年で市場は多くの銘柄が再編、淘汰によって姿を消した。代わりに台頭したのが、内需型の社会構造の転換に対応してきた企業群ましである一方でこの10年で凋落した企業群であり株価下落率ワーストランキングです。


今、私が注目しているのがワースト2位の 3777ジオネクストです。
今年7月30日付で社長が交代いたしました。
事詳細に関しましては個人で検索していただければ、なるほど~と肯けるのではないのでしょうか?
企業ビジョンが変わり数年後には大きく飛躍できると期待しております。


反面、絶望的に悲観するのが6069トレンダーズです。
株価もここ最近は上昇気流にのり3000円台を目前に株式分割にと期待が膨らんだ絶好調気分で東証取引終了後に増資IR発表とは・・・・


連休明けは一気の暴落覚悟です。
あ~やられた・・・・広告宣伝費の増大に伴う増資?
これだから株式は安心できない。
暫くは、また胃の痛い日々です。


着々と準備です。

本日、所轄の労働基準監督署に電話で確認。


電話で確認したところ匿名での告発でも受け付けは致しますが対応には時間を要します。
理由としては、実名での告発対応が優先となるからだそうです。
実名告発であれば、2週間程度で監査に入ります。


実名告発となればお手数でも、一度労働基準監督署に出向いてもらい必要書類に署名いただく必要があり、その際に告発する労基法違反を証明できるものがあれば持参していただきたい、仮に何も物的なものがなくても口頭で聞き取りを担当者が行いますので構わないとの事です。


監査後の労基法違反が実在したのか?是正勧告は行われたのか?という事に関しては
実名告発された際には情報開示請求権がありますので、情報開示を請求いただければ監査内容の写しをお渡しできますとの事です。


Q:ネットで話題となった宅配業者のように賃金未払い等が発生した際には支払命令を労働基準監督署が勧告するのでしょうか?


A:労働監督署は労働内容に問題がある事案に関して企業に是正を勧告致しますが、支払命令は行いません。


情報開示の内容を請求した個人が、情報開示により得た不当な扱いや賃金未払い実体に基ずき企業に対して請求を行います。


ネットで話題となった宅配業者に関しては所轄外なのでお答えはできませんが
多分、社会的責任の中で企業が独自に行ったのではないのでしょうか?


なるほど・・・納得。


次に弁護士に相談です。


労働基準監督署から是正勧告及び改善命令等が発しられたという時点で違法性は十分あると判断できます。
そのことから考えれば裁判で負けることは考えずらいですとの回答。


会社の報復は恐れません
なぜならば、会社で巣を喰う奴らを炙り出す
会社独自のカースト制度ではなく「企業はそこで働く人、全員の生活を支える場」であるべきです、司法でハッキリさせ負けた方が去ればいいのです。
社員も人であり、企業の財産であることを司法の場で証明したい。



泣けます。


彼女に関しては驚くことばかり・・・
テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。
このブーイングに対して疑問と怒りを感じるのですが・・・


偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、異例の言葉を口にした。
「ちょっと質問じゃないことを語ります。みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」
そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして「プレーしてくれてありがとう」。プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿。


彼女の本当の強さは「愛」なのかも知れません
勝つことを目的として頂点を目指す・・・
プロとして活躍し賞金を稼ぐ・・・


そんな小さなことよりも、すべてを愛する寛大な心が人を魅了し本当の強さとは?をテニスを通じて世界に配信したのではと感嘆する。
これは、日清食品は素晴らしい選手のスポンサーとなりましたね。


そして、驚くべきは
用具に関しては、公営コートでテニスを楽しむ愛好家と、全く変わらない。庶民の用具で世界の4強を勝ち獲ったというから驚きです。


考えさせられることばかりです。