踊る相場線

株投資の醍醐味はハイリスク・ハイリターン

いずれは「日本人、あります。」かな?

現在は撤去されてありませんが、以前はロンドン中心部にある創作日本料理店に、思わず目を疑ってしまうこんなネオンサインが掲げられていました。
というい記事が掲載されていた。それにしても日本語が判る人ならばもの凄い文言であると思うはずである。
看板を掲げたオーストラリア人店主は「これはアートだ」などと持論を語っていました。というからこれも凄い話で苦肉の言葉なのか本心なのか?は知るところはありませんが、気になるのは本当に売春婦とヤリマンがいたのか?という事も気になる。


夜のネオンに目を疑うが、今朝目覚めた際の外の雪景色にも驚く次第です。
今のところ天候は晴れで早朝より除雪作業ではありますが、良く降ったものだと感心もします。
高齢化が過疎地では進み、その過疎地で雪による悩みは尽きない。
若い人でも除雪作業は大変な重労働である中で、高齢化が進めば除雪作業などできるはずもない。
今の日本は少子高齢化に伴い日本の国土の維持管理問題にまで進展してい来ている。
過疎が進む地域を海外の投資家が買い進め日本の国土でありながら治外法権的な部分が少しずつ進んでいる恐怖。
特に北海道では中国人富裕層による土地の売買が進み、お気楽政府は未だに対処の方法や対応策の検討すらないオバカ国家。
何れは、北海道の多くが中国人に買い占められ中国人が経営する店で日本人が働くことになる。その時、その店に「日本人、あります。」などと訳の分からん看板に火がともるようなことだけは避けて欲しいものです。


真剣に考えてください。

今週も色んな出来事が数多くありましたが、やはり私が注目するのは「冬の除雪と渋滞」です。

画像は
北陸自動車道で車が立ち往生 最大時は410台
前日からの積雪で多くの車が立ち往生した北陸自動車道。
自然災害だから仕方ない?果たして本当にそれで済ましてよいのでしょうか?
もしかしたならば人為的ミスはなかったのか?


個人的な発想からすれば「運悪く新年会シーズンとバッティング?」という事はなかったのか?
新年会は予約してあり金曜の夜あたりから天候は崩れ始め土曜日には最悪の天候となる。
そのような中、心躍る新年会!待ちに待った新年会!
予約を入れてない低気圧が悪い!という声が除雪関係者から聞こえきそうな後手後手除雪。
以前より私が述べているように道路公団のHPにはこのような事態に陥った経過と、除雪車の出動実態や豪雪対策等が記載されているのか?対策については「今後の課題として、協議した結果・・」という文章が今後記載される程度であり改善の期待は薄い。
更に疑問なことは「5センチ程度の雪で除雪活動をする中で、このような実態がなぜ発生するのか?」
雪の降雪に関係なく作業人数と時間で除雪活動を行えば、このような事態が発生することも納得できる。
そして、一番私が心配するのは「日本海側には原発が数多く存在する。」ということです。このように雪による渋滞が発生する雪国で除雪も完璧にできていない状態の中で原発の稼働を試みる東電や国はどのような考えなのか?これで本当に原発の安全は確保できているのか?原発事故の際に非難はできるのか?
地震による津波対策も必要でしょうが、毎年繰り返される「雪害渋滞」この実態が野放しで原発の安全?を唱える原発村の住人の思考回路を改善するか遮断すべきである。


今一度考えていただきたい、「原発は本当に安全か必要か、そして福島原発の教訓は生かされているのか?」この画像を見て本当にどうなのかを・・・・

アライドHDがS高!

今週のオシゴキ株は6835アライドHDでした。なんと驚いたのは購入して僅かな間にS高になるとは新春早々ついているのかな?と我ながら自分の持ち合わせている運の強さと株に対する目力に感心する。(ウヮ~自惚れをかいてしまった、恥ずかしい。まぁ嬉しかったので勘弁してください。)


これが低位株の威力かな?株価が安い分株枚数を数多く買えるので爆発した際の収益は計り知れない部分があるのです。
さて、アライドHDにこれからも期待です。

市場は格闘。

新年に入り、昨年より私が推奨していた低位株3323レカムが株市場を賑わせております。このレカム株の高騰は著しく私が購入したリミックス・ポイント以来の高騰ぶりで、どこまで伸びるレカム株状態で連日の株価上昇に注意も必要かと?思えるほどです。
株に興味のある方ならばオ~と頷くことでしょう。
この短期間での右肩上がりの高騰は凄いもので毎日が興奮の日々となるのです。
しかしながら株の恐怖は高騰からの暴落であり、リミックス・ポイントも一気の落ち込みで高値掴みの方々の損失は計り知れない事となる。


では、価格が低いうちに買い集めればよいのか?となるがこれがまた難しい。
このレカム株とてチャートでみれば分かるように長期の低位株状態で低空飛行の機関が実に長かったのです。
この超低空飛行の機関に墜落の危機も幾度かあり、晴れての急上昇となる昨今。
低空飛行の日々は胃が痛くなるほどの空売り攻撃に耐えながらの毎日で、購入株数が多くなればなるほどに不安と危険の狭間での投資の日々は実に言葉で表現することも難しい。
しかし、その苦労と努力が報われるのが、この高騰である。


先の読めない株式市場で信じられるのは「自分の能力と才能ではなく、信念だけである。」
株式市場だけで考えるならば、市場に挑戦するには「覚悟があればよい」
その他の学歴も地位もいらない、まるで格闘技のようである。
自分の力を信じる以外には何も必要としない。
ビジネスチャンスは意外と身近にある日本はよい国です。